ヘルプマン!(11) (イブニングKC)

  • 64人登録
  • 4.10評価
    • (8)
    • (7)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : くさか里樹
  • 講談社 (2008年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063522426

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヘルプマン!(11) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA74014708

  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    http://yamato.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?bibid=BB00159909&maxcnt=1000&listcnt=50

  • 今回は「認知症」編。

    バリバリの広告マンだった男が定年後に認知症を発症するという設定です。

    自分の認知症に気づき始めるあたりの男性の状態や心理描写は、まるで見てきたかのよう。リアルすぎて正直ぞっとします。作者の取材力のたまものでしょう。

    男性と妻子がそれぞれ苦しみ、ぼろぼろになったところで終了。次巻に続く。

  • 認知症編

    症状の始まりから受け入れまで。本人の苦しみから家族の苦しみまで。

  • 認知症の人がどんな気持ちなのか、これが全てではないと思うけど、読んでいて胸が苦しくなり涙が止まらなかった。こっちからみたら「なにやってんの!?」と思うことも、本人には全て思いがあり、意味があることなのだということがわかった。

  • 認知症にうつ病と病名も違うし、症状も違う
    ただ1つだけの共通点として脳が犯される病だと言うこと。。。

  • 図書館所蔵【369.26KU】

  • 10/02/18購入。

  • このシリーズが、それほど私は好きではないのだけど、最新刊は構成がとてもホラーだ。面白かった。
    162ページ。認知症の薬は、アセチルコリンの作用を阻害するのか?逆のような気がするのだが?
    次の巻が恐ろしくも、楽しみだ。

全9件中 1 - 9件を表示

ヘルプマン!(11) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヘルプマン!(11) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヘルプマン!(11) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヘルプマン!(11) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする