ブクログ大賞

もやしもん(11) (イブニングKC)

  • 2076人登録
  • 3.82評価
    • (119)
    • (233)
    • (167)
    • (22)
    • (2)
  • 147レビュー
著者 : 石川雅之
  • 講談社 (2012年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524086

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

もやしもん(11) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

  • 「ミス農大」の「落とし」のコンテストとは……。

  • 11巻に引き続きレビューします。

    ほたるちゃん。あんたがミスコンで勝ってもいいのよ。
    私だったら、やっぱり投票は蛍だなぁ。次点で西野ちゃんか中山嬢で迷うところ。

    そして美里! やるねぇこのぉ!

    この巻は番外でポリオウィルスについて。そしていよいよ日本酒造り篇に突入!勉強になるなぁ。

  • 始めて読んだ。13巻で完結なんだな。

  • 日本酒づくり突入!

  • ミスコン再び。
    まあ、何と言うかまた菌の話じゃなくて金の話な感じ。
    とは言え、新キャラと日本酒とか、
    菌と携帯で会話出来るとか、
    色々面白い所はあったかなあとか。
    ただ、本編(?)の進行は進んでない気もするけど……。
    まあ、12巻で日本酒造りは進むんじゃないかなあと期待。

  • ミス農大落としというクリスマス前のお祭り回。
    菌ネタが少ないけど、大学生のお祭り好き感がいいです。

  • 菌が見える特殊能力を持つもやし(種麹)屋の次男坊・沢木の農大日常ストーリー。なのだが、今巻は学園祭とミスコンネタがちょっとヒドイような。物語に絡めたウンチクが面白いのに、そういうのは少なめで残念でつ。

  • 水着ニーハイ!! あれは良いものだ。わっほい!

  • 容赦ない亜矢さん素敵。

  • ひさびさの日常回。やはりこういうのがないと。問題は主人公の存在意義か。

  • この人が描く女性は肉質が綺麗に描かれていて、水着の姿がエロイ気がします。

  • アメリカ編が終了し、舞台は農大に戻ってきた。
    そしてミス農大落とし編スタート・・・って武藤またおまえか。( ゚д゚)
    オクトーバーフェスで主役やったばっかりじゃん。
    ところでミス農大って毎年決めるものじゃないのかな?
    また武藤かよと思ったらまさかの結城編だったでござる。
    「美しい!我らの姫は美しいぞ!」
    「聞くがいいド変態ども!」
    ありゃー。ヽ(゚∀゚)ノ
    11巻丸々使ってミスコンやったわけだけど、今回も見どころ満載で面白かった。
    新キャラ登場とか!
    綺麗どころが水着披露とか!
    沢木と結城が一緒にお風呂とか!
    ミスコンの結果は読者投票ってことで、結果はある意味予想通りだったんだけど、かなりの僅差だったようで。
    あの6人なら、まあやっぱり及川になるよなぁ。消去法で。(笑)
    偽綾波みたいな新キャラはいくらなんでもポット出すぎるし。
    結城は男の娘としては黒すぎる。メイク的な意味で。なんつーか、ケバすぎるのかな。微妙。
    本来、結城の役どころはもっと人気があってもいいと思うんだけど・・・・はて。
    畜産の中山はさすがにマニアックすぎるだろ。ホルスタイン水着が素敵すぎる。(笑)
    小坂も美人だけど完全脇役で影薄すぎるし。
    及川か武藤かのどちらかで、より変化の起こりそうな及川が選ばれた、ってな感じかなーとか。
    ちなみに俺が一票入れるなら加納はなだねやっぱ。農大生じゃないがどうでもいい。
    ほんでもって、巻末の長谷川と美里の一筋縄ではいかない関係も面白かった。
    次巻では今回新キャラとして登場した西野円とやらが活躍するそうだけど、彼女は何者なのかねぇ。
    沢木と同じような、特殊な能力もちだったりするんじゃないかと思ったり思わなかったり。

  • ミス農大交代!遥さんと美里先輩はさらに距離が縮まるのか?!(*^▽^*)

  • ここまで一気に読んでしまった。
    穏やかな雰囲気のまま、山場がきたり終わったりする。
    お酒の話も多く、酒好きの自分としては面白い。

    確かに、主人公があまり目立たない。
    主人公が持つ力も活かしきれているとは言い難い。

    ただまぁそれも許せてしまう。

  • このマンガは大好きだ!
    完結してないのに買いそろえてる数少ない漫画。

    だからこそ、今回は星3つ!

    農大のみんなの祭り好きはもう素晴らしくて、
    いつも一緒に楽しませてもらってるんだけど、
    今回は…うーん…。

    読者参加でミス農大を決める試みは面白いけど、
    参加しないでコミックで後から読んだ者としてはちょっとなぁ。

    次巻ではもうちょっとテンポよく、本題に戻り、
    ストーリーが続いてくれることを願うところ。

  • 年の瀬,ミス農大の武藤葵にミス農大の査問が.
    泥酔して構内で寝ている女はミス農大に相応しくないんじゃないか.
    ということで
    ミス農大落としという祭りが.

    生徒に推薦された上位5人が元ミス農大と競う.
    そこに美里の陰謀で結城蛍(男)も出場することに.
    樹先生はまた別の候補を擁立して暗躍.

    面白かったよ.
    なんか遥ちゃんもだいぶ丸くなっちゃったし.

    次回は樹先生の擁立した毒舌メガネさんメインだそうです.
    一応主人公ということになってる沢木惣右衛門直保は本当に薄いなぁ….

  • 武藤の酔っ払いぶりにミス農大諮問委員会が召集され、ミス農大失格の嫌疑がかけられる。そして農大は壮絶なミス農大落としが開かれる。
    またしても祭り。樹教授の悪乗りっぷりが清々しい。

  • アマゾンマーケットプレイスで1円で購入。

  • 11巻までtsutayaレンタル。

    キャラ的には美里が大好き(だからもちろん笑○飯も好きやねん)。
    発酵食品の奥深さを毎回思い知らされている、勉強になるわー。
    樹教授もキャラ的に好き。あの飄々とした風情と意外と若いノリはあこがれ。

  • 正直,ミスコン祭りとかどうでもいいや…。菌たちがあまり活躍しなくて残念。見るべきものは,ポリオ生ワクチン導入の経緯くらいかな。

全147件中 1 - 25件を表示

もやしもん(11) (イブニングKC)に関連するまとめ

もやしもん(11) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もやしもん(11) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする