さよならタマちゃん (イブニングKC)

  • 469人登録
  • 4.42評価
    • (91)
    • (64)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 78レビュー
著者 : 武田一義
  • 講談社 (2013年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524772

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

さよならタマちゃん (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 途中で止められず一気読み。自分の脊髄腫瘍は癌じゃなかった。でも再発しやすいので放射線治療を勧められた。今でも数ヶ月に一度の通院と経過観察が必要。背中丸めての硬膜外麻酔と造影剤投与の時の劇痛とか全身麻酔が切れたときのラリった感覚と寒気と発熱。ヨメに一晩中付き合ってもらった夜。あれから2年半続く医大病院との関わり。ここに描かれている事が自分の体験と完全にシンクロする。抗がん剤の副作用との闘いに敬服するし、本来はイラッチーだった奥さんが自分の病気と旦那さんの看病を経て変わっていくのが素晴らしい。

  • シンプルな可愛い絵柄の中に色んな人(病気の人、病気の人に寄り添う人、病気を治す人、健康な人)の色んな気持ちがびっくりするぐらいぎゅっといっぱいに詰まっている作品でした。泣けた。

  • マンガ家アシスタントさんの睾丸ガン闘病記。
    他の患者さんとの交流が心に残る。抗がん剤の副作用の辛さについてもよく描けている。加えて著者を支えた奥さんがスバラシイ。
    いっぱい愛が詰まってて涙なしには読めないマンガです。

  • 最初から最後まで泣き通しでした。忘れがちな命の尊さや愛情を、正直で思いやりのある視点で描いていると思いました。

  • 重い主題の話なんだけど、可愛い絵柄ながら、細部までかなり率直に描いているのがすごいと思った。実話ベースの闘病記で、作品として昇華させつつ、ここまで物語としての完成度が高いって稀少。

    「なんでっ!?」て思うのは人間だけだよね。
    何かしら理由がつけられると落ち着くっていうのも。

  • いつも手書きPOPを置かない本屋さんがめずらしくPOPを置いてたマンガだったので気になって購入
    祖父や父が入院してた時のこととかさなって涙

  • 病気エッセイものって苦手なんだけど、そんな僕が何度も繰り返して読んでる。気づいたら何気なく読み返してる本。あと、結婚に対するマイナスイメージがなくなりました。武田先生の奥様みたいな嫁が欲しいです。

  • 作者の人柄のあたたかさが伝わってくる。
    おかげでテーマは重いけれど、ほんわりとした読後感。

  • 旦那クンも私もガン泣きの作品です。家族のこと、改めて考えました。生きる、生かされている。当たり前のことなんだろうけど、素晴らしいことなんですね。

  • 癌闘病記。病室って人生の交差点だと思います。

全78件中 1 - 10件を表示

さよならタマちゃん (イブニングKC)に関連する談話室の質問

さよならタマちゃん (イブニングKC)に関連するまとめ

さよならタマちゃん (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さよならタマちゃん (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さよならタマちゃん (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

さよならタマちゃん (イブニングKC)の作品紹介

いつか漫画家になる事を夢見て、漫画家アシスタントとして日々を暮らしていた35歳の主人公。そんな彼に突然襲ってきた癌という大きな試練。睾丸の癌に冒され、片タマを失った主人公が、家族や他の入院患者との出会いをコミカルな絵でリアルに描ききる。後が無いのはわかってる。でも諦めるには早すぎる!夢を掴むための闘病記!

さよならタマちゃん (イブニングKC)のKindle版

ツイートする