羊の木(4) (イブニングKC)

  • 75人登録
  • 3.86評価
    • (5)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 山上 たつひこ 
  • 講談社 (2013年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524796

羊の木(4) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こ…こわいーーー。
    1巻はこんなに不気味な話になると思ってなかったけど、徐々に怖さが増していって、本巻は私の中で限界かも…。
    ストーリー自体は面白くて興味深いんだけど、怖くて不気味な描写はこのくらいでとどめてほしいです。
    新住人以外も変な人増えてきたし、話がドンドン膨らんでるけど、まだまだ続くんだろうか…。

    巻末の小説も怖かったよ〜。
    今回は本編と関係ない話かと思ったけど、栗本清美さんの話だったのね。
    最後に気付きました(遅)。

  •  読んでいると、まるで自分が作中の地方都市「魚深市」にいるような気分になってくる。舞台や小道具は現代だが、そこはかとなく昭和的な空気を感じる。

    今回はかなりきわどい、また悲惨な描写がある。読む際にはご注意を。

    市長が好き。市長がんばれ。

  • ストーリーがどんどん膨らんで展開していく。でも、話がバラバラにならずにまとまってる。根っこの主題がはっきりしてるからかな。どことなく不気味で、シリアスでちょっと恐いマンガやけど、ところどころにブラックな笑いも織り交ぜられてて、他ではなかなか味わえない空気感。既に次巻が楽しみです。
    巻末の書き下ろし短編は、今回は本編とは関係ないお話。。。っぽい。関連あるのを期待してたんだけど。もし、これからのストーリーで、実はリンクしてましたーとかだったら面白いんだけどなー。。。勝手に期待しちゃってます。

全4件中 1 - 4件を表示

羊の木(4) (イブニングKC)のその他の作品

いがらしみきおの作品

羊の木(4) (イブニングKC)はこんなマンガです

羊の木(4) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

羊の木(4) (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羊の木(4) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羊の木(4) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

羊の木(4) (イブニングKC)の作品紹介

犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘更生事業の舞台となった魚深市。
市長・鳥原秀太郎は一般市民には何も知らせずに過去を隠し元受刑者11人を受け入れた。
市長の不安が増す中、償った罪の重さとは関係なく元受刑者たちがそれぞれの人間性を露呈し始め、それに呼応するように住民たちにも不穏な動きが・・・・。

犯罪を犯し刑期を終えた元受刑者11人を地方都市へ移住させる政府の極秘更生事業の舞台となった魚深市。その事業を受け入れた市長・鳥原秀太郎の不安が増す中、元受刑者たちと住民たちが不気味に呼応する!山上たつひこ氏の書き下ろし小説「キヨミ」収録!

ツイートする