ヘルプマン!(25) (イブニングKC)

  • 30人登録
  • 4.29評価
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : くさか里樹
  • 講談社 (2014年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063524956

ヘルプマン!(25) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までとちょっと違う明るさのある展開。

    2014.4.30読了

  • 認知症予防編。元宇宙飛行士の娘が、認知症になった父を理解できず悩み苦しむが、次第に理解しついには普及啓発の活動を始める。突飛な設定に戸惑ったが、娘同様、気づきを得てほろりとした。

  • 元気が出る。いつもうるうるする。

全3件中 1 - 3件を表示

くさか里樹の作品

ヘルプマン!(25) (イブニングKC)に関連する談話室の質問

ヘルプマン!(25) (イブニングKC)はこんなマンガです

ヘルプマン!(25) (イブニングKC)の作品紹介

20年前、宇宙飛行士として心身共に厳しい訓練を受けた元宇宙飛行士・汲田光60歳。彼女は、執筆活動や講演会などフリーで仕事を受けつつ悠々自適なおひとり様暮らしをしていた。ある日、地域包括支援センター職員から父親が認知症になったと報告を受け父親との同居を決意。光は研究者として認知症を深く理解しようと「認知症重度化予防実践塾」を受講。認知症の父と向き合いながら、地域の生活インフラに正しい知識を持ってもらうため、ある社会実験を開始した――。

20年前、宇宙飛行士として心身共に厳しい訓練を受けた元宇宙飛行士・汲田光60歳。彼女は、執筆活動や講演会などフリーで仕事を受けつつ悠々自適なおひとり様暮らしをしていた。ある日、地域包括支援センター職員から父親が認知症になったと報告を受け父親との同居を決意。光は研究者として認知症を深く理解しようと「認知症重度化予防実践塾」を受講。認知症の父と向き合いながら、ある社会実験を開始した――。

ヘルプマン!(25) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする