将太の寿司2 World Stage(1) (イブニングKC)

  • 17人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 寺沢大介
  • 講談社 (2014年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063545043

将太の寿司2 World Stage(1) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

将太の寿司2 World Stage(1) (イブニングKC)の作品紹介

関口将太の成長を描いた『将太の寿司』より15年。
回転寿司の隆盛、世界的な寿司ブームとそれがもたらしたマグロの奪い合いと漁獲制限。
時代はめぐり寿司を取り巻く状況も大きく変化する中、鳳寿司では二人の将太が修業していた。
佐治安人の息子・佐治将太。関口将太の息子・関口将太朗。
ひとりはパリに向かい。ひとりは日本で腕を磨きつづける。
世界を股にかけた若武者たちの成長と奮闘を巨匠が描く、青春寿司エンタ!!

「日本の寿司を殲滅しにきた」と豪語するフランス人寿司職人、ダビッド・デュカスが鳳寿司に現れた。旧態依然でガラパゴスと化した日本の寿司に比べ、世界ではSUSHIが急速に進化、発展、拡大しているという。佐治の息子、佐治将太は、ダビッドの作る寿司を見て、世界へ出ることを決意。金もコネも何もなくパリへと飛んだ将太は、美食の都で未来を握ることができるのか!?

将太の寿司2 World Stage(1) (イブニングKC)はこんなマンガです

ツイートする