累(6) (イブニングKC)

  • 333人登録
  • 4.01評価
    • (21)
    • (28)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 松浦だるま
  • 講談社 (2015年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063545838

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松浦 だるま
松浦 だるま
松浦 だるま
松浦 だるま
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

累(6) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『累』面白いなー。この設定を男性にすり替えるのは難しいんだよな、生まれつき醜い自分に絶望したとして、男子の場合は「俳優になって云々」は説得力弱い、と思ってしまうんだよね。見目麗しさを得たとしたら、やっぱ男子だと「権力欲」の方にシフトするんだろうなぁ。

  • 話を読み進めていて、顔を入れ替える事の出来る口紅が使えない状態、例えば交換相手が死んだとか、紅自体が尽きたとか、そういう事になったら、どうなる?どうする??て疑問が湧いてきたところに、この展開。

    ニナについては、実は思ったより長く引っ張ったなーと思っているんだけど、上手い退場のさせかたしましたね。

  • ニナとして演劇界で成功する累であったが、腹違いの妹・野菊が現れてその運命は大きく変わっていく。
    果たして野菊は累に何をもたらすのだろうか…。

    今回はまた大きな転機になりそうな巻だったな。
    ニナが実は意識だけはあったというのが、本当に恐ろしくて辛い。想像を絶する恐怖だと思う。累の葛藤も聞いていたわけだから全てを憎んではいないと思いたいけど…それにしても絶望感計り知れないだろうな。
    野菊に気付いてもらえたのは彼女にとっては救いだったんだよね。結末は悲しいけど…。
    野菊の累への態度の変化もやるせないな。偽物ごときが、って言うけど顔以外は全部累本人の物だし、その累に自分だって救われたのにねぇ。
    女優として成功して、恋人も出来て、友人も出来て、充実していただけに累の受けたショックも大きかったな。
    最後変な感じに覚醒した感じで、今後どうなるのかすごく気になる。

  • ニナが死に一見全てが終わったように思えて今後さらなる波乱が待ち構えていそうな予感。だってあの累がこれで終わらせるワケないし。もう彼女は後戻りできない。自分も周りもそれを許さない。そんな状況になってしまった。
    …って口紅を手に入れるよりも悲惨な人生になってないか?彼女。

  • とうとうニナさんが…!あああ

  • バットエンドしか考えられないからこそ、どう終わらせるのか楽しみだー。

  • 完結してから一気に読みたい漫画だ

  • あまりにも報われないニナの最期。
    野菊に救われた形だけどキツイなぁ。

    ラストで累が開き直ったというか覚醒したっぽいので
    次巻はあの人が返り討ちに?…いやミイラとりがミイラに?

  • 初めて読んだとしては前の巻が無いと話しについていけないかもしれない。中身は演劇に関することです。

  • 物語が大きく動きだす6巻。

    野菊が行動を起こし、

    丹沢ニナが死ぬ。

    累のニナとしての人生は終わりをむかえる。

    次巻も楽しみです。

全13件中 1 - 10件を表示

累(6) (イブニングKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

累(6) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

累(6) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

累(6) (イブニングKC)の作品紹介

イブニング新人賞出身の新しき才能が放つ『美醜』をテーマにした衝撃作!! 容貌の醜さから人に忌み嫌われてきた累。そんな彼女に、女優であった美しき母親が遺した1本の口紅。その口紅は他者の顔を奪うことが出来るという謎の力を持っていた。累はその力を使い、美しき者が享受するすべてを奪う事を決意する。

醜き少女・累に、母が遺した一本の口紅。その口紅は、他者の顔を奪うという能力を秘めていた。累はその能力を使い、美しき者が持つすべてを奪う事を決意する。そんな累の前に現れた、美しき女・丹沢ニナ。累はニナを精神的に追いつめ、その顔を奪う事に成功する。その美貌を使い演劇界で成功する累であったが、腹違いの妹・野菊が現れて、その運命は大きく変わっていく。果たして野菊は累に何をもたらすのだろうか……?

累(6) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする