世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)

  • 83人登録
  • 3.73評価
    • (4)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 水城せとな
  • 講談社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063546651

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定がちょっとややこしいため、忙しい時に読んだらよくわからなかったのですが、時間のある時にゆっくり読むと面白い作品です。
    ただ、これからどうやっていくのか気になり、男性三人がどうやって不幸になっていくのか。不幸になったから同嬉しいところまでもっていくのか楽しみです。

  • おおー!!
    物語に変化きたー!!!
    このまま大きく動くといいな。
    楽しい!!

  • アッシュ、イカロス計画のときはふたりを幸せにして、必然的に勝利するという優しい勝ち方だと思ったのに、441号と会って、変わってしまった…?
    アッシュがこれからなにをするのかがとてもこわい。
    773号と柊吾の関係がとても好き。

  • これめっちゃ面白いやん!
    773号と柊吾がくっつくのか?!
    くっつけるのか!?
    くっついたらどうなるのか?!
    めっちゃ興味そそる〜〜

    アッシュがこれから何しようとしてるのかも気になるし〜〜

    たろちゃんはただただ応援したい!笑

    3巻も期待!&待機!!

  • 上手くいきすぎててちょっとタロちゃん心配…。ナナミが痛み以外に感じるって意味深…。アッシュ黒展開来る⁈

  • たろちゃんはお弁当屋さんのふみちゃんといい感じ、柊吾はなんと773号といい雰囲気に。しかし一番陽気なアッシュが441号のせいでダークサイドに・・・。でも正直、柊吾と773号は住む世界が違うわけで、どう考えてもオチは悲恋・・・となると、やっぱり一番不幸フラグは柊吾に立ってしまう気がする(涙)

  • 話が動いてきて面白くなってきた!

  • 441号(ヨシヒト)登場。黒い俺。それぞれが一歩踏み出して、変化していく。まさに「急接近」。お庭番ナナミかわいいぞ。

全8件中 1 - 8件を表示

水城せとなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)の作品紹介

柊吾・アッシュ・たろの幼なじみ3人のうち、300日後一番不幸になった者が願いを叶えるというゲーム。「柊吾とナナミ、たろとふみちゃんを、それぞれくっつけて幸せにし、相対的に自分が不幸になって勝利する」という計画を実行に移すアッシュ。偶然出会った謎の男から「お前は負け組で終わる」と言われる。アッシュは幼なじみの関係を「壊す」ことを選ぶのか!?馴れ合いで参加したゲームは徐々にダークサイドに傾き始めた。

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)はこんなマンガです

世界で一番、俺が〇〇(2) (イブニングKC)のKindle版

ツイートする