ブルーホール (講談社漫画文庫)

  • 31人登録
  • 3.53評価
    • (1)
    • (6)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 星野之宣
  • 講談社 (2002年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (570ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063601633

ブルーホール (講談社漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『マンガは哲学する』から。
    あちらでは、その時間についての考へ方からの考察が主であつた。
    時間はやはり不思議なものである。現代の汚染水を取り換へることで、現代の水は果たしてきれいになるのか、自分で過去の自分を殺すことと同じ矛盾が生じる。それもさうであるが、ブルーホールが太古の昔につながつてゐるといふことはともかく、ではそれを思ひつくのがなぜ今であるのか。滅びる定めであるのだから、それを実行するまでのことだと博士は言ふ。さうであるなら、それを実行するのが他の時ではなく、なぜ今なのか、このこともやはり同様によくわからないことなのである。かりに博士の言ふ絶滅が博士の発案で引き起こされたとして、それをなぜ知らないでいたのか、どうしてこちら側であつてあちらでないのか、時間といふものはこの自分なしでは起り得ない。さういふ難しさが横たわつてゐるものである。
    さうは言つても、やはり宇宙同様にこの地球の奥深くといふものも同じ様に未知な世界なのだと教へられる。突如として化石が見つからなかつたり、構成物が突如として変化する。地底もまた決して一辺倒な一枚岩ではない。そこになんらからの作用がどうしたつて認められる。過去といふものが、今の流れの中にあり、その一方で隔絶した辿り着くことのできない彼岸であること、それが古生物学や地質学、考古学をかきたてる情熱なのだと思はずにはいられない。

  • ブルーホールとは、フロリダ沖から大西洋に面するバハマ沖に多く存在する海底洞窟のこと。
    有名どころとしては、下記のリンクにあるようにカリブ海のグレートブルーホール。

    * 神秘的で青く美しい不思議な地形「ブルーホール」の写真いろいろ - GIGAZINE
    o http://gigazine.net/news/20081223_blue_holes/

    このブルーホールが過去の地球とつながっており、そこには膨大な寮の清浄な空気と海水がある。
    そして、現在には地球汚染が進んでおり、解決する有効な方法が出ていない。
    ブルーホール計画では、過去と現在の大気と海水を交換することで、この問題に解決しようとしている。
    これを拒もうとする主人公側と、主催者側の古代での葛藤を描いている漫画である。

  • SF少年だった作者の夢を丁寧かつ緻密に描いた名作だと思う。

  • シーラカンス!

全4件中 1 - 4件を表示

星野之宣の作品

ブルーホール (講談社漫画文庫)はこんな本です

ツイートする