ヒメアノ~ル(2) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 265人登録
  • 3.46評価
    • (11)
    • (25)
    • (39)
    • (7)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 古谷実
  • 講談社 (2009年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063617542

ヒメアノ~ル(2) (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森田くんは「したい」となったら我慢もせずに行動に移すけど…現実に鬱屈した思いを秘めて生きてる人たちは、見えないけどいるんだろうなと思ってしまう怖さがある。もうすでに心の闇というより、闇を纏って生きてる感じ。安藤くんが可愛く見えてきた笑
    岡田くんの帽子が似合ってない。。

  • 岡田、ユカちゃん、安藤の世界と、森田の世界の乖離がすごい。この2つの世界が交わるのかな。森田がユカちゃんを狙っているってのはあるけど、また違った方へそれていきそうだし。森田が元警官を殺したのは何で?バットで撲殺ってのは満足を得るためじゃないよね。男とのかかわりが面倒くさくなった?衝動的なもの?

  • 現代の文学であることは間違いない。文字のフォントの大きさからくる違和感と、表情のないキャラクターたちが、空気を構成している。

  • 自分に関わりのない世界だと願いたいのに、至近距離の悪寒。
    これが古谷ワールドの極致。

  • なんかさー、最近の古谷実のマンガって同じような設定で同じような展開で、なんだけど、それでも気になるし読みたくなるのはすごいなーと思うんです。龍が如くをやった次の日に街歩いてて、「チンピラに絡まれるかも」って思っちゃうのと同じような感覚で、街の中ですれ違った人が「全然普通の人だけど、本当は人殺しだったりして」みたいな、マンガの中から抜け出せないような感覚に陥っちゃう。んーでも、次はちょっと違う展開の話も読みたい。その前に、今度こそ、尻切れとんぼで終わることのないように・・・

  • いつもとおんなじ!!

  • ふむ。

  • この人のクオリティの高さはさすがですね。

全9件中 1 - 9件を表示

古谷実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヒメアノ~ル(2) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヒメアノ~ル(2) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヒメアノ~ル(2) (ヤンマガKCスペシャル)のKindle版

ツイートする