BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)

  • 342人登録
  • 4.35評価
    • (42)
    • (16)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 講談社 (2013年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063622508

BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あぁ、この上なく清々しいラスト。
    卒部までじゃなくて、これから、というところで終わる。
    面白かった。

    にしても、自分が高校生のときに読んだら、痛さがじかに伝わって素直に読めなかっただろう作品。
    だけど、あのとき読んでたら何か変わったのかなぁなんて思ってもしょうがないことを考えさせられた作品でもある。

    とりあえず全6巻読み返そう。

  • 最終巻。やー、よかった!もだもだする青春期。あの台詞回しがほんとにおしゃれ(と表現するかどうか。言葉にならないきもちになる誰もがきっとぎゅーっとなるシーンがいっぱい。)で大好きな作家さん。ハバくんかっこよかったよー。小冊子もとってもよかった、あ〜このポスターとPOP覚えてる〜!ってなった。すごく嬉しいこういう付録。なかなか見られなかったものもあるものね。

  • 数年ぶりに読み返した。
    ダンスよりは人の成長にスポットを当てたお話で、ダンス漫画が読みたい人には物足りないと思う。

    キャラがみんな魅力的だったけれども、ネガティブで内気で冷笑的だった端場くんが、すっかり仲間と打ち解けて素直になり、最後には熱っぽい表情で夏を見つめダンスを踊るところ…ぐっときました。

    この先がずっと見たくなるけど、余韻を残して終わってるのがいいところなのだろうとも。

  • ダンス漫画というよりはそれぞれのコンプレックスと向き合う内面のお話だった。ヤマシタ先生特有の好きなことを他人にバカにされることに対する怒りが詰まってた。おまけの二宮兄が可愛い。

  • わたしのかわいい後輩たちが泣いてるし怒ってる
    リア充のパンチが重い

  • 最終巻。潔い終わり方に納得しつつ、ちょっとアッサリし過ぎてて寂しい気も。
    要はまだまだダンス部のみんなの日々を見たいんですよ!!

  • ヤマシタ先生はひとのコンプレックスを描くのがすごく上手い。人間関係における気まずさやグサッとイラっとくる場面を描くのが、すごく上手い。すべてきっぱりと決着がつくわけじゃないところもリアルで、ご都合主義にウンザリするようなことはなかった。
    ただ、個人的にヤマシタ作品はすごいハマるときとハマらないときとあって、これは正直なところ、ハマらない方でした。その理由はうまく文にできないんだけど…なんなんだろ。作者の萌えが透けて感じるからかな。

  • 友人の漫画
    熱血過ぎないのにものすごく熱くて
    思い当たるふし、というかたぶん万人に共通の悩みとか出てきて
    きっと大抵誰でも共感できる本、かも

  • 終わっちゃうのが嫌だあ~ともがくような終わり。端場くんの勇姿に涙…

  • 読んでてすごい分かる!!って共感しちゃうシーンがたくさんあって、良いなあと。

    最後端場くんが踊りながら考えてることとか感じたことあるし、なっちゃんの自信ないけど認められたい~みたいな面倒くさいところも分かってしまっていい意味でグサグサくる漫画でした。

全23件中 1 - 10件を表示

ヤマシタ・トモコの作品

BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)を本棚に「積読」で登録しているひと

BUTTER!!!(6) 限定版<完> (プレミアムKC アフタヌーン)の作品紹介

青春の息苦しさとまばゆさを描く社交ダンス部群像劇、いよいよ完結! ネット上で自分達を嘲笑するコメントを発見し動揺する夏。悪意に負けず、新歓公演で本気の踊りを披露できるのか!? 限定版は、48ページの豪華小冊子付き! 雑誌の表紙を飾ったイラストなどの単行本未収録カラーイラスト約20点に加え、描き下ろしカラーイラストや、10ページを超える描き下ろしキャラクター設定集、制作秘話など、大充実の内容です!!

ツイートする