恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)

  • 261人登録
  • 3.55評価
    • (6)
    • (26)
    • (24)
    • (3)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 西炯子
  • 講談社 (2014年7月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063644326

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)の感想・レビュー・書評

  • 香菜ちゃんの思い込んだら一直線という性格。痛々しいと思いながらも、物語をぐいぐい進めていく。お母さんも同じ血が流れていそう。
    彼女を巡る大人たちがダメダメすぎる。離婚はしてもいいけど、子供をいびるのはいかん。
    町長カップルも意地はって罅は広がるばかり。元鞘に戻って欲しい。

  • 中学1年の遠藤香菜は、41歳の町長に片想い中。漫画オタク・篠原晶が気になるのは、37歳の金髪漫画家。でも、町長と漫画家は、かなり意味深な関係で!? 町長が大規模な町の開発プランを提案し、町は大騒ぎ。いっぽう、香菜は特産品による町おこしに乗り出し、全国から大反響。香菜の努力が結果的に町長の立場を危うくすることになる。混乱の中、香菜は思わず町長に告白してしまい!? 西炯子の新境地は、28歳年の差恋!

  • サーシャと町長さんの関係が明らかに、ってもう続き気になるじゃない。話がようやく動いて来ましたね。

  • どんどん面白くなってきた。
    町長と香菜、町長の秘書さんがあまり好きではないけれど、篠原さんと陽くん、入市さんのキャラがいいなと思う。秘書は何がしたいんだろう。横取り?
    今回は、入市さんの過去もわかり、町長と入市さんの関係もわかってしまった。本当になかよしの連載なんだね、と思う。香菜の家族にもひと悶着ありそう。次に期待。

  • 香菜のポジティブさから来る勘違いに拍車がかかってる気がする。読んでて痛々しい。そんな香菜を一途に好きな陽が本当に健気。
    そしてサーシャの過去がはっきりと判明するけど、完全にアレだった。これなかよし連載だよね?と毎回思うけど、今まで曖昧にしてきてたのに決定的なエピソードだった。
    後半は香菜の母親がいる上海に香菜と晶が行く内容だけど、そこに同じくいたのは香菜の父親と愛人。そういえば愛人いたねって感じで存在を忘れてた。
    香菜と晶は大人の恋愛に関するゴタゴタを数多く目撃してるなぁ。

  • なかよしだからミスリードだよねって、信じていたので…ここからの展開に期待

  • 主人公可愛らしい。
    しかし町長さん、本物のゲイだったんか…。
    これからの展開と主人公の成長が気になる。

  • フランス外人部隊とか、激アツだぜ!!

    ……それにしても色々と業の深い作品ですね。

  • サーシャの秘密がいよいよ明らかに。

    そして、サーシャと町長さんの関係がいよいよ明らかに(香菜に)。

  • 幼女のこころを失ったオレには理解不能。傭兵夫婦を厚めにプリーズ。

全13件中 1 - 13件を表示

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)の作品紹介

中学1年の遠藤香菜は、41歳の町長に片想い中。漫画オタク・篠原晶が気になるのは、37歳の金髪漫画家。でも、町長と漫画家は、かなり意味深な関係で!? 町長が大規模な町の開発プランを提案し、町は大騒ぎ。いっぽう、香菜は特産品による町おこしに乗り出し、全国から大反響。香菜の努力が結果的に町長の立場を危うくすることになる。混乱の中、香菜は思わず町長に告白してしまい!? 西炯子の新境地は、28歳年の差恋!

恋と軍艦(6) (講談社コミックスなかよし)のKindle版

ツイートする