となりの怪物くん(6) (KC デザート)

  • 1920人登録
  • 4.33評価
    • (231)
    • (171)
    • (68)
    • (3)
    • (0)
  • 80レビュー
著者 : ろびこ
  • 講談社 (2010年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063656329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

となりの怪物くん(6) (KC デザート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 恋する人にとって一大イベント、バレンタイン!

    友達と一緒にチョコ作るの懐かしいー♡
    恋がまだ深みを増してない時に作る
    きゃっきゃしたチョコレートって楽しくていいなぁ♡

    作り出す時になって、雫と大島さんの
    本命がかぶってるとこに気づく夏目ちゃん…。
    マンガだからかわいいけど、実際ありえないー[*゚ω゚*]
    でも、そんな夏目ちゃんが大好き[*Ü*]

  • ササヤンに痛いところを突かれた夏目さん。
    そこで閉じこもっちゃ駄目だよ、ファイト。
    ササヤンの普通ぶりがすごく落ち着く。
    大島さんのがんばりがよかった。

  • 雫から二回もキス!な6巻
    ササヤンと夏目さんとみっちゃんの微妙な関係とか
    大島さんの告白とか
    ユウちゃんまさかの彼氏持ちとか
    ヤマケンモテるなぁとか
    色々あったけどやっぱりハルと雫の進展(と信じたい)がよかったなぁ
    ハルは特に今回格好よすぎた
    あとは雫ママが仕事が全てな人じゃなくてちゃんと雫との時間を大切にする人でうれしかったな
    次巻も楽しみ!

  • 夏目ちゃんとササヤンのケンカと仲直り。バレンタインと雫の誕生日。前巻同様ブレる事なく面白かった。ヤマケンの出番が少なかったような気がしたけど。夏目ちゃんが大島さんに頑張ってって言うところ良かったな〜あと雫のお母さんが小さい時から仕事で家にいなくて、それを雫も小さいながらも理解しようとしてたり困ったことも自分で何とかしようとしてたんだって分かった時なんか胸がキューーっとした。だからあんな感じになったのね。

  • 全体的に良い巻だった!

    ユウちゃんの別の一面が見れたw
    てかモンハンやってるのかww

    委員長がんばった!!

  • 夏目さんも大島さんも切ないなー。
    特に大島さん良い子すぎる!
    ユウちゃんのエピソードも意外でびっくり(笑)
    モテ男ヤマケンくんは今巻出番少なめです←個人的感想

  • タイトル*となりの怪物くん6
    作者*ろびこ
    出版社*講談社

    「私はハルに何かを返しただろうか」
    思えばいつも彼はそこにいてくれたのだ……

    夏目さん、ササヤン、ヤマケン。
    それぞれのおかげでちゃんとお互いの気持ちを
    考えようと変わり始めた水谷雫と吉田春。
    まだ変わり始めたことに、2人とも気づいてはいないけど。
    そんな2人が迎えたバレンタイン…。
    今まで気持ちを抑えていた大島さんがハルに…!?

  • 第21〜24話収録。
    大島さんが輝いていた巻でした、恋する女の子は可愛いです。こんなに近くで春と雫の二人を見ていたら、そりゃバレンタインチョコ渡せないよね……。勇気を出して春にチョコを渡した大島さんは格好良い!大島さんなら次の恋は成功すると思う!この巻で1番笑ったのは、ヤマケンの電話と、7巻の宣伝(笑)勇気を出して電話しただろうに、話できなくて残念だったねf^_^;7巻宣伝が「ヤマケンくん激怒中──オレをもっと出せ!!」は、電話のことも含めて怒っているんだろうな(笑)

  • 相変わらず…恥ずかしい!たまらんなぁ!こんなにてらいもなく、人が好きってどういうこと?嬉しいってどういうこと?を丁寧に書いてくれていて、読んでいてほっこりします。家庭の事情とかいろいろまあ描かれてはいるようなんだけど、そんなのは、子供みたいに、真っ直ぐな心の動きを描くための単なるスパイス。変に話をひねったりせず、このまま進んでほしいなぁ。

  • 雫ママいいこという(:_;)

全80件中 1 - 10件を表示

となりの怪物くん(6) (KC デザート)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

となりの怪物くん(6) (KC デザート)のKindle版

ツイートする