いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)

  • 18人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 桐島りら
  • 講談社 (2017年5月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063659108

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 某雑誌のコーナーでおすすめしていたので、購入。
    こちらの作品が好きな方は読まないで下さい。

    頑張る女子高生は割りとキライじゃないし、応援したくなるんだけど、如何せん絵柄がタイプじゃない。それとご都合主義と思えてしまう(辛口でスイマセン)
    表紙だけじゃ分からなかった。やっぱり通販購入は難しい。
    星は2.5位で。

  • 前作に引き続き、新作も女子高生×バンドマンの話だということは心得ていたけど、キャラメイクまで同じだとは…。今度は主人公もバンドガールなのかな〜とか期待していたのだけれど。またまた家業をがんばるピュア女子に、オトナの男がほだされる感じ。
    でも、彼の気持ちはわかる。いつも本気で、まっすぐで、人を信じてる。そんな人がまぶしくて惚れてしまう気持ちは理解できる。だから、オトナの男が女子高生に落ちるというのはあり得ると思う。

全2件中 1 - 2件を表示

桐島りらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)はこんなマンガです

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)を本棚に「積読」で登録しているひと

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)の作品紹介

姉と2人で営むパン屋が忙しくて、恋もしたことがないこむぎ。ある日、朝帰りする隣のビルのバンドマン・煌人と出会う。いじわる……だけど時々やさしくって甘くなる煌人に、こむぎが胸の奥にしまっていた「女の子」が目覚めて……!? オトナでクールな煌人が、こむぎだけに超甘くって……こんなんじゃ心臓もたないよっ! 大ヒットコミック「世界の端っことあんずジャム」の桐島りら、待望の最新作!!

いじわるキラーチューン(1) (KC デザート)のKindle版

ツイートする