MARS ―マース―(4) (講談社漫画文庫)

  • 65人登録
  • 3.96評価
    • (9)
    • (5)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 惣領冬実
  • 講談社 (2006年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063703849

MARS ―マース―(4) (講談社漫画文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 桐島に殺されそうになったキラ。
    この展開でも十分に重いのに、後半はさらに重い。
    娘を犯した父と再会させたり一緒に住んだり、娘への配慮がなくて、キラの母はひどすぎる。
    樫野くんとキラが愛おしい。
    この展開を2人は乗り越えられるか…?

  • 古本で2巻をすっ飛ばして読みました。

    主人公2人の過去が辛過ぎる・・・。だから惹かれ合ったのかもしれないけれど、新たに関わっていく人たちがまたろくでもない。←

    どう落ち着くのだろうか。最後まで読みます。

  • このまんが面白い

  • 【 内容紹介 】
    無邪気な仮面の下の、冷えきった残忍な悪意――。零の心に自分と同じ“血の匂い”を呼びさますためなら、牧生はキラを傷つけることをためらわなかった……。破滅すら戦いの神(MARS)の意志なのか。闇のなかで憎悪が嗤う――。

全4件中 1 - 4件を表示

惣領冬実の作品

MARS ―マース―(4) (講談社漫画文庫)はこんな本です

MARS ―マース―(4) (講談社漫画文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

MARS ―マース―(4) (講談社漫画文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする