DEAR BOYS ACT3(5) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 128人登録
  • 4.00評価
    • (11)
    • (8)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 八神ひろき
  • 講談社 (2010年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063712605

DEAR BOYS ACT3(5) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっとずつだが、試合の展開が進み始めた。三浦を使う事により、成田中央の流れをこちらに引き寄せつつある。ルーキーの榎本もそれなりに頑張ったので、良かったと思う。このまま、瑞穂に流れがくるか。

  •  初めてこの漫画の感想を書くような気がします。
     もうこの漫画、連載長すぎますよね。
     個人的には、無印の時をそれこそ小学生の時に読んだような気がするので、めちゃくちゃ長い。
     それでも終わらないのはすごいなー……と思います。
     作者さんが、書くのに飽きないんですもんね。
     そして、続きが、最近、かなりのハイペースで出ているようなので、全然、読めてない上に、買えてなかったりもするんですが、今度買いに行って来ます。

     それはさておき、因縁の下條先生率いる成田中央との試合。
     瑞穂のバスケを知り尽くしているからこその采配が多々あって、かなりの強敵で苦戦しています。
     そんな中、三浦くんがベンチに入ったままで頑張る今回表紙に大抜擢な榎本君。
     それでも、やっぱり二年の差は大きくて、なかなか目立った活躍は上げられない。
     そんな中、哀川がミスを続けてしてしまってで、これで集中力が切れるか、と思いきやそんなことなく、立て直して、そこに攻めの采配を先生がする、という……

     これで負けちゃったら本当に本当に、この五人でバスケできる機会がなくなっちゃうんだと思ったらみんな真剣で、読んでる方も、すっごくドキドキ。
     どうせ、瑞穂が勝つんだろう……なんて、漫画のストーリー的なところを深読みしてしまうのだけれど、それでもあっさり期待を裏切られることもあるので、読者としては作者の手のひらで踊らされる感じがたまらないです。

     なんにせよ、一ページ一ページ、キャラクターの動きにも、1プレイ1プレイにも作者さんの想いが込められているのがよくわかるので、読んでてとても楽しい。
     作画に対しては、あれ? って思う面があったりもしましたが、それよりもこの漫画はストーリーだと思うし、私がバスケが好きになったのはこの漫画があったからなので、今から初期の作画にも耐えれる自信のある方にはオススメしておきます。

  • シリーズをずっと読んでますが、のめり込んでしまいます。

    ただとても丁寧にお話を進めているので、なかなかストーリーは進みません^^;

  • 登録日:2/14

  • 高校の部活、バスケットの話。


    試合がなかなかおわらない…

  • ついに三浦くん参戦!

  • 【M】

全9件中 1 - 9件を表示

八神ひろきの作品

DEAR BOYS ACT3(5) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DEAR BOYS ACT3(5) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

DEAR BOYS ACT3(5) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする