ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 2081人登録
  • 4.05評価
    • (248)
    • (331)
    • (166)
    • (16)
    • (3)
  • 225レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 講談社 (2010年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063712612

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて読んだときは雪の気持ちに寄り添って読んだ。でも、辛さの中なんとか立ち直ろうとしている今、ユナさんの気持ちが痛いほどよくわかる。生きていく上では努力が必要だし、頑張るのは自分自身だけど、わかっていても誰かに認めてもらいたい、必要とされたいという気持ちは誰でも一度は抱くもの。そんな中射す、一筋の希望が雪の音なのだ。マンガなのでもちろん音はないが、私の中では読んでいる間、津軽三味線の音がずっと響いていた。

  • 『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』の作者の描く三味線漫画。
    この漫画の存在はかなり前から知ってたけど興味なくて今まで放置してたんだよね。
    三味線漫画は興味あったけど、作者の他の漫画が好みじゃ無かったから放置してた感じかな?
    本屋で別の本探してたら偶然見付けて、1巻の試し読みを読んでみて面白かったから購入。

    三味線の師である祖父が亡くなり自分の弾くべく音を見失った雪は自分の音を見付ける為、地元の青森から単身で東京に上京する。
    私も東北人だから大体の訛りは解るけど一部は難しかった。

    三味線を聴きたくなる様な描写だった。

  • 津軽三味線 1巻の為か演奏描写少々 兄の挫折描写はリアル 心象証言のうまさは羅川氏作品だなぁと素直に好きだ

  • 若い力がどんどん伸びていく姿は本当に読んでいて気持ちがいい。津軽三味線という異色の分野を瑞々しく描いてくれる作者に感謝!

  • 題材が津軽三味線という奇抜さながら、良い意味できちんと少年誌のセオリーに乗っ取り昇華させようとしている。ただバックグラウンドには少女マンガ的な匂いも感じそこが好き嫌いの別れるポイントの一つだと思う。花とゆめ感が…

  • お店で高価買取扱いになっているものは
    いちおうひととおり読みたいなと思っているのです、
    これでも。

    1-5巻まで読了。
    「男が女と同棲する話」とだけ聞いていたので
    なんぞそれ、と思っていたのですが
    まったく違うじゃないですか。
    津軽三味線の話じゃないですか。

    少年まんがなんだけど
    どこか…どこか花ゆめなんだよなあ、
    なんなのかなあ、と思っていたのですが
    きっと梅さんですよね。
    あのノリはすべて花ゆめ。
    無条件に主人公を溺愛するキャラがとっても花ゆめ。
    あと、みんな性善っぽいところ…かなあ。


    でも主人公たちのチームはとっても少年まんがしているので、
    6巻での演奏が楽しみです^^

  • 三味線には元々興味あったけど、
    この作品読んでもっともっと引き込まれました!

  • 津軽三味線と青春と。
    ページの端々から津軽三味線の音が聞こえてくるような繊細な描写がすばらしい。
    主人公の雪が話す津軽弁がまた私のツボです。
    今後の展開がすごく楽しみ。
    <1~9巻、以下続刊/13年10月時点>

  • 演奏している場面ではまるで三味線の音が聞こえてきそうな迫力がありました。
    続きも楽しみ、なによりオカアサマの詳細が詳しく知りたい…(笑)

  • 三味線青春ものがたり。

全225件中 1 - 10件を表示

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)に関連するまとめ

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)はこんなマンガです

ましろのおと(1) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする