ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 874人登録
  • 4.00評価
    • (74)
    • (113)
    • (68)
    • (1)
    • (1)
  • 66レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 講談社 (2012年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063713534

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 津軽三味線甲子園個人戦の続き。
    絵に迫力があって、音が聴きたくなる。
    聴いている人の反応が楽しい。
    キャラクター作りがうまいなぁと思う。

    次巻、雪に大きな変化がありそうでとても楽しみ。

  • 妹に借りる。7巻まで。音楽を絵で表す難しさもそうですが、表現することを評価するというのも難しいことですね。技術云々ではないことを承知の上で優劣を決めることの難しいこと。それは置いといて、津軽三味線の演奏を聞いてみたいと思いました。

  • 雪はついに欲を持ち始めた!!好敵手現る!!

  • マンガ表現の極限に来ている。雪と田沼の演奏。この巻に入る前に実際の三味線を聞いてみたおかげで、音が少しだが見える。読者を試すマンガでもある。

  • 音楽を漫画で伝えるのは難しいのです。
    漫画から音が聞こえることは当然ないので。
    音からイメージされる情景を描く、観客の感動を伝える、演者の迫力ある演奏シーンを描く。
    斬新な手法ではありませんが「津軽三味線を聞いてみたいっっ」と読者に思わせることが出来たら、それは大成功なのだと思います。
    高橋竹山、上妻宏光、はなわちえの演奏をYouTubeで視聴してしまいました。
    津軽三味線って格好いい...。

  • 敵が見つかった雪。目標が明確になってからの彼がどう変化するのかが楽しみです。

  • 以下続刊。

  • 絵から三味線の音が聞こえてきそう。音がテーマのマンガはノダメや坂道のアポロンとかあるけど、ましろのおとをアニメ化するのは難しい気がする。

  • 726.1 ラ (7) 登録番号10266

  • 田沼兄の演奏の表現について、なるほどね~、となりました。

    雪くんに新たな価値観が芽生え?
    うーん。。 知らぬ間に引き込まれてしまい、とっても応援しています。

全66件中 1 - 10件を表示

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)に関連する談話室の質問

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ましろのおと(7) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする