ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 515人登録
  • 4.00評価
    • (44)
    • (74)
    • (41)
    • (0)
    • (1)
  • 28レビュー
著者 : 羅川真里茂
  • 講談社 (2014年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063714258

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 表紙、何事かと思ったら……
    大河さん……ヒドイ(笑)

    さて今回はとうとう、東ノ宮杯民謡全国大会の巻。
    「俺がツいでらがら」の雪の運が勝つことなく、
    マニさんが引いたのは「三下がり」。
    読んでいて血が下がった。ひぃ。
    津軽三味線の全国大会は行ったことがあるけれど、
    歌のほうの全国大会は行ったことがないので、くじ引きは知らなかった。
    その場で演目が決まるとは……恐ろしい。

    成宮さんの魂のこもった「ゆさぶり」と終わりの笑顔、素敵でした。
    そして壬生さんのプロ意識の高さ。
    ふたりを見たマニさんがこれからどういう歌い手さんになるのか楽しみ。
    東ノ宮杯は彼女にとってのゴールではなくスタートのはずだもの。

    シーン変わって、煽る総一。
    「俺の中のじっちゃの音」……若菜ちゃんが動くのか気になる!

  • 民謡全国大会編ついに終了!

    三味線の演奏も聴きたくなるけど、民謡も聴きたくなる。
    絵から想像する声は伸びやかで、迫力があって、上手い。
    この間テレビで聴いた唄い手さんの声が混ざっている。
    生で聴いてみたいなぁ。

    雪の成長という点でも嬉しい巻。
    次はまた三味線の大会だ。どうなるか…。

    巻末の「グルメ外伝」も良かった。
    ミニ若菜ちゃんが可愛い♪

    そして衝撃の次巻予告。
    10月が待ち遠しい。

  • 民謡居酒屋での唄付けの修行が少しずつ実を結んできた雪。
    自分自身の中にある唄い手としての想いをさらけだすマニ。
    そんな二人が組んで迎えた、東ノ宮杯民謡全国大会。
    全国から集った強豪たちと、大会専属伴奏者として現れた神木清流。優勝の栄光を勝ち取るのは、果たして…?

    マニさんやった!!!
    この二人、最初はどうなることかと思いましたが、見事に勝ち取りましたね~!
    「あいや」じゃなかった時は「あっちゃ~」ってなりましたが、雪が上手く支えたなぁと。
    「あいや」でなくても優勝できた、ということはとても大きな意味があると思います。それだけ二人の実力が勝ったってことですから。

    しかし雪は全然ブレないですね~。
    目指すものが定まったからかな?
    この調子で頑張ってほしいです。
    そして次巻はついにユナさんが再登場!?
    もう出ないかも…と思ってたので、ホントに嬉しいです! 楽しみ!!

  • マニさんも出演する東ノ宮杯の話。雪は伴奏で出場。雪の伴奏に引っ張られてマニが本領発揮。楽しそうに歌ってんな~。歌い手も様々。経験を重ねた良さもあり、勢いのある若さも良し。次巻からは雪がメインの話なのかな?

  • 登録番号:110258 分類番号:726.1ラ(11)

  • プロの世界に方向転換して、大丈夫かなって思ってたけど、だいぶ面白い展開になってきました。やっと主人公の進みたい方向性が見えてきた、って感じでしょうか。

  • すごいなーという面より、酷やなーという面を強く感じた。引っ張る人のすごさ。そこに気付かない神木清流のダメさ。

  • 優勝!やったね!なんで雪のお母さんはやわになるって言ったんだろ?良いことばっかりじゃない?人に合わせすぎて自分の演奏ができないとか?評価は3.5

  • 雪の成長がみられて面白かったです。
    伴奏をした経験が上手くこれからに活きると良いなと思います。

  • 前巻までちょっと主人公が葛藤している場面が多くて
    重かったけど、久しぶりに大会でいい感じにココロが動きました(*´ェ`*)

    歌い手さんたち見てても。。ほんと奥が深いねぇ。。って感心しながら読んでました。

全28件中 1 - 10件を表示

羅川真里茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に「積読」で登録しているひと

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)の作品紹介

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!
少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。テーマは『津軽三味線』。「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。貴方の音もきっと見つかる。

雪、麻仁――東ノ宮杯民謡全国大会へ!! 対するは、全国から集った強豪たちと、大会専属伴奏者・神木清流!! 優勝の栄冠を勝ち取るのは、果たして――!?

ましろのおと(11) (講談社コミックス月刊マガジン)のKindle版

ツイートする