×××HOLiC(6)(KCDX)

  • 2741人登録
  • 3.52評価
    • (221)
    • (168)
    • (757)
    • (4)
    • (2)
  • 76レビュー
著者 : CLAMP
  • 講談社 (2005年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063720150

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

×××HOLiC(6)(KCDX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アニメで妙にはまった「×××HOLiC」
     なので、コミックの大人買いです。いやあ、大人っていいっすねww
     っても、今は12巻まで出てて、もうすぐ13巻もでるそうなんだけど、事情で10巻まで。…師匠Tに「5巻ぐらいまでにして様子みたほうがいいよ」といわれたもんで…。って、それなのに10巻まで買ってるって意味ねぇじゃんと、とセルフつっこみww

     どうやら基本的に、尋常でないものが見える、とか、感じる、っていう設定が好きみたい、私。
     このパターンで「百鬼夜行抄」にもはまったし。
     で「百鬼夜行抄」の律も、「×××HOLiC」の四月一日(わたぬき)もアヤカシが見えるだけで、それを払うとかなんとかするという能力がまったくない。
     でも、律はおじいさんがずっと守ってきたし、今も青嵐がそばにいる。が、ワタヌキにはなにもない。が、必然によって侑子さんの店に入り、そこで働くことになる。
     つまりは、これはワタヌキの成長の物語なのだ。
     そして、彼を変えていくのは、人との係わり合い。

     「×××HOLiC」のもっているメッセージ性は、とてもシンプルで、普遍的だ。
     なので、ふいの一言に胸をえぐられる。

     にしても、なんだかんだと食い物のシーンが多いです。
     でも、食べるってことは生きてるってことで、食べることに前向きってことは、前向きに生きてることにつながるんだと思う。
     うん、こういうところにもメッセージ性が生きてる、のかな。

  • 【あらすじ】
    座敷童(ザシキワラシ)に懸想され、雨童女(アメワラシ)の依頼をやりとげ、管狐(クダギツネ)もご執心……「コッチの世界じゃ有名」という四月一日(わたぬき)。絵から飛び出した大きな猫にもらった巨大な鬼灯(ほおずき)を持っていると“何か”に参加できるというが……!?人間の心の闇と壮大な世界観が織り成す、不思議オカルティックコメディ第六弾!!

    【感想】

  • 今回は、化け猫から手渡された「鬼灯」(ホオズキ)を持って、四月一日と百目鬼が人外たちの集う百鬼夜行に参加する話や、四月一日が子どもを失った寂しさを抱える女性の幽霊と繰り返し公園で待ち合わせをする話などが収められています。

    ストーリー全体の動きは少ないのですが、本作の魅力が味わえる佳品そろいといった印象です。

  • 自己犠牲愛は他の人を傷付ける事もあるので気を付けよう…
    四月一日も百目鬼も他人に惑わされずに自分のやりたい事を選べる強い人。でも、その強さが心配になる…

  • 世紀末を超えて、なにが起こるというのだろう?

    そういえば、最近、「X」の続きを読んでないような…。

  • 「夜、つめを切ると親の死に目にあえない」の話が好き!

  • 神様創ってるってなんなのか。後でわかるのかな?

  • CLAMPの"×××HOLiC"の第6巻。会えば喧嘩ばかりだけど、四月一日と百目鬼の関係がどんどんいい方向に向かってますね。百鬼夜行のお話も女性の幽霊のお話も、侑子さんには助言をもらうだけで二人で協力して乗り切りましたし、あっ、百鬼夜行はきつねのおでん屋の息子に助けてもらったか。特に今回の女性の幽霊のお話は読んでててきつかった。四月一日も百目鬼もあの女性の幽霊も、それぞれが"選んだだけ"なんだとは思いますが、うん…。最後のしりとりの護法ってのは面白かったです。

  • 甘露いいなぁ。飲みたい。

    着物を美しく着こなしている人ならぬ女性が素敵でした。

    この辺から、エピソードが長くなっている気がする。

  • 百鬼夜行の甘露
    親の死に目に会えないという言い伝え
    「昔小さい子供を亡くした」という女性
    満月の夜のお使い
    の四つの話が載っています。

全76件中 1 - 10件を表示

×××HOLiC(6)(KCDX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

×××HOLiC(6)(KCDX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする