チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)

  • 836人登録
  • 3.99評価
    • (122)
    • (97)
    • (119)
    • (4)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 惣領冬実
  • 講談社 (2007年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063722871

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <「奴をそこいらの貴族の子弟と一緒にはするな あれは野生動物のように頑強でずる賢い」>

    弱冠16歳とは思えぬ手腕で権謀術数を巡らすチェーザレ。
    飼い慣らされぬ野生動物が徐々に牙をむき始める。

    冒頭のひと言は、チェーザレの側近でありユダヤ出身のミゲルが、チェーザレに惹かれる無垢な少年アンジェロに忠告した言葉。だが、かくいうミゲルがそもそもチェーザレの底知れぬ魅力に惹かれている、のだと思う。

    この巻ではマキァヴェッリが登場する。後にチェーザレをモデルとして『君主論』を執筆する布石となっていくのか。

    ふとしたきっかけでチェーザレの経歴を目にしたアンジェロは、チェーザレがわずか8歳で教皇庁書記長という要職に就いていたことに驚く。拝命した際、神童チェーザレは、教皇の前で完璧なラテン語で挨拶をしたという。この口上が興味深い。

    「至大なる教皇
    シクストゥスIV世聖下

    詩人が言うように
    あらゆる人間にすべてが許されているわけではありません

    でも聖下は そんな私のために
    今 道を開いてくださったのです」

    この「詩人」はウェルギリウスを指す。『神曲』でダンテの導き手ともなったウェルギリウス。ラテン語圏において、その存在が非常に大きい、ということなのだろう。

    チェーザレは庶子である。庶子とはつまり、正当な婚姻の外で生まれた子供である。チェーザレの父はそもそも聖職者であったので、婚姻が認められていない。必然的にチェーザレもその兄妹も庶子となる。
    この時代、庶子であるということはそれだけで大きなハンディキャップであった。チェーザレは、時の教皇から嫡出証明の免除までもらっているのだが、それでもなお、乗り越えられない限界があった。
    「生涯表舞台に立つことはない」のが庶子だったのである。
    これは宗教上の理由からで、男女の性的結合が原罪とされており、正式な婚姻関係における純粋に生殖を目的とする場合のみ、罪性から逃れることが可能であったためという。
    日本でも嫡出子が優遇されてきた面があるが、これはどちらかといえば、「家」の単位を守るものだったのではないかな・・・?などと思うとなかなか興味深い。


    *基本、息抜きのつもりで追いかけているコミックですが、副読本が相当にヘビー(^^;)。前巻では『神曲』、この巻では『君主論』にちょっと興味が。『神曲』の方は購入はしたのですが(買っただけ、だけど)、さて、年末年始で少し腰を据えて読むかな? 読めるかな?というところです。

    *さて、ここまで図書館本を1冊ずつ借りているのですが。そろそろセットで買うかなぁ・・・?

  • チェーザレがフランス団を相手に闘牛するシーンは分かりやすくてカッコ良かった。閣下の印象がどんどん緩くなっていく。マキァヴッリとやらが取引を提案してくる。やはり存じませぬが重要な人なんだろうな。アンジェのポカン顔にも慣れてきたが、チェーザレを騙すことのない彼こそが弱点になったりしてね。

  • ミゲルがアンジェロにあんなことを言うとは

  • 闘牛シーンは最初から最後まで好き。
    臨場感がたっぷり。

  • 第3巻。ドメニコ会のマキャヴェッリ、フランス団アンリ対スペイン団チェーザレ、ピサの街での工場建設計画。

    フィレンツェの実質的支配者ロレンツォが病床に就いたことから、フィレンツェに陰りが生じ始めます。
    イスラム勢力による侵略は学習でもあり文化の融合となったと寛容さを持つチェーザレと、対抗組織は蛮族と呼び徹底的に敵視・排除しようとする強硬派のアンリの関係は、現代でも対立の火種を生む普遍のきっかけだなと思います。

  • 『フランス人はイスラムの侵攻に屈しなかったことを自負する熱烈なキリスト教信者』
    『キリスト教信者以外の人間は全て邪教』
    うーむ、歴史とはまさに過去・現在・未来の対話、考え込まざるを得ないなぁ、、、

  • 【資料ID】139485
    【分類】726.1/So59/3

  • マキャベリキター

  • 正直、雑誌の連載はよみ飛ばしてしまう。
    だが、単行本でじっくりと読むと、止まらなくなる。

    アンジェロという架空の人物の視点で語らせることで、物語によりのめりこみ易くなっている。

    ついつい時間を忘れる、危険な漫画。

  • 閣下かわいいじゃねーの

全39件中 1 - 10件を表示

惣領冬実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)を本棚に「積読」で登録しているひと

チェーザレ 破壊の創造者(3) (KCデラックス モーニング)のKindle版

ツイートする