ドラゴン桜(6) (モーニング KC)

  • 331人登録
  • 3.45評価
    • (17)
    • (26)
    • (82)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 三田紀房
  • 講談社 (2005年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063724080

ドラゴン桜(6) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 水野と矢島は、1年生の特進クラスで教師として授業をする体験を通して、自分自身を見直すきっかけを得ることになります。また、桜木は特進クラスの生徒たちを連れて実際に東大に足を運び、働きバチの理論について説明をおこないます。

    その後、1学期の中間テストがおこなわれ、水野も矢島もそれぞれの家の事情を抱えながら、学年1位の成績をかけて切磋琢磨します。

    ストーリー的にはちょっと停滞感が漂い始めてきたような感じもあります。

  • マンガZEROで読んだ。

  • 【資料ID】36111
    【分類】726.1/Mi56/6

  • まあ、物語というのは、すべからく宗教的な物であるのかもしれませんが。
    こういう、とんとん拍子の物語は、特にそれが強く感じます。

    おもしろいんだけどね。
    流されてはいけないと思う自分もいます。

  • <07/6/2〜3>

  • '06-5-6読了

  • ぜんぜん意味がわからないのでコメントいえません by娘

  • <A HREF="http://sachinet.livedoor.biz/archives/21903230.html" TARGET="_blank">ブログでも紹介しています。</A>

全8件中 1 - 8件を表示

三田紀房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ドラゴン桜(6) (モーニング KC)はこんなマンガです

ドラゴン桜(6) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴン桜(6) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする