ファンタジウム(1) (モーニング KC)

  • 310人登録
  • 4.05評価
    • (50)
    • (38)
    • (44)
    • (0)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 杉本亜未
  • 講談社 (2007年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726084

ファンタジウム(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほっこりしたり、泣いたり

  • すごくすごく素晴らしい作品!もっと広く読まれて欲しいと思う作品の一つです!

    良くんの達観ぶりが哀しい。北条さんと出会えて幸せだったと思えるような、そんな日が来ればいいと思う。良くんにとっての幸せを、一緒に分かち合ってくれる、北条さんがそういうひとであったらいい。

    だから北条さん、もうちょっとしっかりしてくれ! 1巻の時点では、頼れる人かな、と思わせてくれてたのに、どうしちゃったの北条さん。でも北条さんの悩みもわかるので、どうにかして2人でまた一緒に歩んでいける展開になればなぁ、と私は願ってる。良くんにとっての幸せを叶えてくれるひとが、北条さんであればいいなぁ、と私は願ってる。

  • マジシャンだった祖父に懐いてた北條が祖父の存在と共に封印されてしまったマジックの夢を具現化したような、化身となって降りて来たような良くんに出会って親父の様な、保護者の様な心境になって、大事にしたくなる気持ちがひしひしと伝わる。北條の夢を俺に押し付けるな、と言う様なベタな展開が待ってる気もするが、そんな事はどうでもいいわー、難読症を理解されず自分を諦めていた良くんが愛された子供でありながら普通でいられない事に達観してる様がいじらし可愛いんだよ…。愛しいからこそ両親も歯がゆいんだよな…いい子なのに普通の人と同じことが出来ないだけで傷つかないといけないんだ、と思うと悲しいやら情けないやらでどうしようもなくなるんだなぁ。そして良くんも両親にとって出来るだけ役に立つ子供で在りたいと思ってるんだよな…泣けるなぁ。発達性ディスレクシア(難読症)と言う症状を持ってこの世に生を受けながら天賦の才を持っている良くん、良くん、どこに行く時でもジャージなのな(笑)、飾らない、気にならない、だから自分が一番好きなマジックで競争したくない、って気持ちになるんだろうなぁ。

  • 読み手を幸せにする作品。

  • マジシャンの世界って厳しいんですね…
    主人公の高齢者施設訪問のシーンが感動的でした^^

  • 続刊
    手品のマンガが面白いのか?と思いながら買ってみたら、
    「侮っていた」どころではなく、「すいませんでした」レベルの良い作品だった。
    手品の繊細さ・自由さ・感動がよく伝わってきた。

  • 生きている間に出逢えてよかったよ,良くん。

  • 難読症の主人公が繰り出すマジックが、まさに魔法みたい。
    絵柄もきれい。
    世界にどんどん引き込まれる。

  • 三浦しをんさんのおすすめで読んでみた。味わいのあるいい話。好きです。

  • 1から7巻まで読了。

全30件中 1 - 10件を表示

ファンタジウム(1) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファンタジウム(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファンタジウム(1) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファンタジウム(1) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする