黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)

  • 1284人登録
  • 4.00評価
    • (221)
    • (145)
    • (196)
    • (12)
    • (1)
  • 120レビュー
著者 : 藤田和日郎
  • 講談社 (2007年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726305

黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最後は活劇で。19世紀のロンドンが舞台です。ヴィクトリア朝のイギリス、初期の蒸気機関車がようやく走り始めた頃、ガス灯が照らす夜を鉄仮面の怪人が跳梁するとなれば役者は揃ったという感じです。ダークヒーローの魅力がたまらないですね。二話収録ですが、併録されている方はがらりと変わった味わいで面白い。藤田和日郎の美味しいところを一冊で堪能できます。

  • 「うしおととら」の作者。
    短編もうまい!
    良い短編は、読み終わった時の満足感がすごい。
    後日譚(?)もすごく好き。
    黒博物館 ゴーストアンドレディも好きですが、1冊でまとまっていて読みやすいこちらの方が、どちらかというとお気に入り。
    史実をもとにした漫画ってワクワクしますね。
    途中途中にある、当時のイギリスに関する文章もとても良いです。

  • 本が見つからず電子書籍で読了。
    紙でほしい逸品です(発売時に気づかなかったのが無念でなりません(´Д⊂ヽ)
    スプリンガルドは藤田先生らしさが出ていてかっこよく不思議で怖い感じ。実写化するなら絶対海外でお願いしたい!

  • 黒博物館シリーズ。セリフ回しやストーリー展開、雰囲気がドツボ。

  • この方らしいオチと番外編になんだかほっとして嬉しくなる。

    優しさと熱さと純粋さがとても素敵。

  • 伯爵かっけぇ。後日談もいい話。ストーリーテラーとは藤田を指すだろう。

  • 1837年ロンドンを騒がせた切り裂きジャックならぬ〝バネ足ジャック〟人間ワザとは思えぬジャンプ力と奇妙な甲高い笑い声で、夜な夜な人々を驚かせていた。
    ある夜を境に、〝バネ足ジャック〟は姿を消した。3年後再び現れた〝バネ足ジャック〟は、人々を驚かせるだけでなく殺人を楽しんでいた。
    読んでいくと、どんどん話に引き込まれていきます。手に取ったきっかけは、表紙の洋書風のデザインでした。藤田和日郎さんの作品だったので、即決でした。

  • 藤田和日郎作品を通しで読んだのはなにげに初。
    ネットで強く推されてるのを見た&世界観がツボそうだったので読んでみたわけだが……この人のストーリーテリング、すげぇ!!
    ヴィクトリア朝英国も伝奇活劇も大好きだし、たまらんかった~

  • 良かったです。
    読後感はさわやかで、人物はひたすら格好いい。
    ヴィクトリア朝の世界観も好き。

  • 「うしおととら」、「からくりサーカス」の藤田先生の短編作品です。
    好きな漫画家なので、つい何度も紹介してしまってます。
    今回は、いつもの小学館ではなく講談社からの作品なんですね。
    この作品は、19世紀にロンドンに現れたといわれる怪人、
    バネ足ジャックの都市伝説がベースになっています。
    そのテーマを藤田流に料理しています。
    彼の作品のファンなら問題なく楽しめるかと思います。
    100年以上前の、まだ闇が濃厚であった時代のロンドンの空気と
    藤田作品の世界観の相性は抜群です。
    こういった怪奇趣味的なテーマの中で、いかにも漫画的表現ながらも
    キャラが人間らしく、魅力的に異国の地を動き回ります。
    どんなテーマでも咀嚼してしまう手腕はさすが。
    悲しい恋の話ながら、読後感が良いのも特徴的ですね。
    ただ、テーマがあることが、若干の内容のおとなしさに繋がっている
    気もしました。
    手堅い仕事ながら、少し物足りない印象でしょうか。
    でもその部分も強いて挙げればというレベルなので、十分いい作品
    だと思います。
    こういった短編も藤田先生には精力的に描いて欲しいですね。
    今後も楽しみな作家です。

全120件中 1 - 10件を表示

藤田和日郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オノ・ナツメ
日丸屋 秀和
有効な右矢印 無効な右矢印

黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)に関連する談話室の質問

黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒博物館 スプリンガルド (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする