きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

  • 7905人登録
  • 3.99評価
    • (1081)
    • (1080)
    • (997)
    • (44)
    • (9)
  • 954レビュー
  • 講談社 (2007年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726480

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • シロさん、男前。それでいて、イチゴのジャムまで作っちゃう女子力の高さ。
    仕事帰りに、毎夜一汁三菜作ってて凄い。しかも、安く、手早く、美味しく、季節感も取り入れて。

    ゴボウを水にさらさないのは偉い!わかってる!
    (水にさらすとポリフェノールをはじめゴボウの栄養分が出てしまう)

    なんだかんだ言って誠実でマメなシロさんが好きだ。ケチなところもイイwわたしと気が合いそうwwこーいう人と恋愛無しの共同生活したら面白そうだな〜。

    以前やってたドラマ『シェアハウスの恋人』。
    その中の洋ちゃんと谷原章介が、なんだかゲイカップルぽかったので(爆)
    もし、この漫画がドラマ化したらぜひこのふたりに演じて欲しい(笑)

    見たいわ〜、洋ちゃんのケンジさん(爆)

    この漫画のもっとディープな感想はコチラ。↓
    http://blue-shine.jugem.jp/?eid=187

  • みをつくし料理帖現代版←嘘

    ふたりごはんのレシピ帖って案外ないので、新婚さんにお薦め。私が真面目にごはん作りに取り組みだしたのは子供が出来てからなので、お仕事をされながらこれだけのお料理が出来るシロさんは立派だなあと思います。二人分って不経済なんだよね。中途半端に作る位なら外食しちゃった方が安かったりする。コストを抑えながら蜜月をいつまでも続けて欲しいものです。

    茄子食べたい。

  • BL感が全然無いですが、ゲイカップルのご飯のメニューが凄く美味しそうと思わせるメニューばかりです。食いしん坊の私は食べたいと思わせる物ばかりです。晩ご飯のメニューは1品メニューでは無くてちゃんとお味噌汁とメインとあと2品必ず有るからしっかりしてるなと感心します。お話のちゃんとしっかりしてます。料理のポイントφ(゜゜)ノ゜が描かれてますし、勉強に為ります。

  • 前から知ってるし読んでいるけど、ふとこれはセクマイ待望の「セクマイが主役のただの漫画」なんだなと思った。
    著者がBL作家の女性だからついBLのくくりで認識していたけれど、これは「BLコミック」でも「ゲイ漫画」でもなく、「料理漫画(主役はゲイ)」なんだ。
    ゲイであることはカッコ内に記すくらいの重要度で、ジャンルとしては「料理漫画」。

    もちろん、主人公がゲイだからゲイなエピソードはある。
    それは主人公が高校生の恋愛漫画にテスト勉強のエピソードがでてくるのと同じことだ。
    主人公の生活のなかで大事な要素だから大事に扱う。
    でも大きな要素だろうとページを割こうと、それがメインテーマではない。

    高校生が主人公だからといって「高校生漫画」にはならないように、セクマイが主人公だからといって「セクマイ漫画」にジャンルを限る必要はない。
    推理ものや恋愛ものや歴史ものの主役が(わき役でもいいけど)ただセクマイなだけってのは素敵だ。
    ヘテロもの作品の多くにヘテロである必然性がないように、主人公がセクマイである必然性なんて必須のものじゃない。
    まあ私はゲイじゃないのでリアルという意味での普通度はわからないけれど、特別じゃないという意味での普通度はあきらかに達成している。

    こういうことに気づかないくらい普通に、「よし普通に書くぞ!」という気負いを見せずに普通のゲイが主人公の普通の漫画を描いてくれる人がいて、普通に載せる雑誌があって、読んでる私も普通さに気づかずに普通に読んでいる。
    幸せなことだ。

  • この漫画を見て 晩ご飯を作っている・・・という人の話を聞いて読んでみた。
    本当に美味しそう(*^-^*)
    どの料理も バランスの良いメニュー。
    体に良さそうで尊敬する。

    私「この本見て ご飯作ろうと思って買ってきた♪」
    息子「あぁ、ゲイのやつだろ。」
    私「え!? ゲイなの?」

    ・・・知らなかった(^_^;)

  • これを読むと、誰かと一緒にごはんを食べることの良さを思い出す、一人暮らしの自分。
    タイトルは「昨日」ですが、読んだあとに「明日なにつくろうかな」ってなる。

  • 第1〜8話収録。弁護士の筧史郎と、美容師の矢吹賢二のゲイカップルのグルメ漫画。BL漫画と聞いて避け続けていましたが、キスなど全くないので安心して読めた。所々に出た専門用語(タチとネコ)がよく分からんかったが、知らない方が良いのかな……(-.-;)とにかくご飯めっちゃ美味しそうでした!筧、料理上手すぎるっ!是非おすそ分けを…(笑)作り方や材料など詳しく載っているので実際に作ってみたいです。第2話の、富永佳代子との運命の出会いには思いっきり笑った(*´∇`*)良い関係ですね♪
    各話のメイン料理→「鮭とごぼうの炊き込みごはん」「ツナとトマトのぶっかけそうめん」「たけのことがんもとこんにゃくの煮物」「いちごジャム」「いわしの梅煮」「ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み」「栗ご飯」「鶏肉のオーブン焼き」(収録順)

  • よしながふみはまだ読んでないものも絶対に五つ星つけるであろうくらい好き。

  • 何回でも読み返せる作品。
    作中に出てくる料理は、すぐに真似したくなるようなものばかりです。
    手の込んだ「ごちそう」ではなく、日常のごはんの風景が描かれています。
    ハラハラドキドキするような展開はいっさいないけど、引き込まれる作品です。

  • 「大皿でドカンと盛って出すより、小鉢で幾つかおかずを出した方が食べ過ぎない」というのに妙に納得。コレ読んでから、手抜きで簡単なものだけど、毎晩の料理に一品増えました。
    うーん、ゲイって設定必要だった?と思わなくもないけど、男女のカップルだとバランス悪そうだし、夫婦だと物語性が足りなさそうだし(フィクションの世界には少なからずわたしは非日常を求めてしまうので)、そういう意味では、シロさんとケンジくんはしっくり来る組み合わせだなと思ったのでした。

  • 前回の「中国嫁日記」から、ラブラブ繋がりで。と言いたいとこですが、どちらかというと「先入観持っていたものの新たな一面を知る」繋がりかも。
    よしなが先生はBLも描かれますが「大奥」とかBLじゃない作品でも有名です。BLでもそうじゃない作品でも、ドラマがしっかりしてて話の運びが上手いので、読み応えあります。

    で、今回の作品は2つの中間線上にあるような漫画です。舞台は現代、東京。主人公の料理上手でちょっと?ナルシストな弁護士のシロさん(史郎さん)と恋人で同棲相手の美容師ケンジは2人とも♂です。

    描かれる2人の生活はもちろんゲイ特有の悩みもたくさんありますが、タイトルの示す通り、2人の普段のごはんがテーマになってることもあり、大半はゲイとか関係ない、みんなが「あー、あるある(^_^;)」って言いそうな庶民的だったり、リアルさがあったりで、笑えて、考えさせられるところもたくさんあるお話しです。普段マンガ読まない人でも、十分楽しめるんじゃないかと思います。

    私は正直、料理のこともあるし、母親に読ませたいと何度も思うのですが、「これどういうこと?」も聞かれた時、うまく説明できない部分がある気がして(^_^;)、いまだにすすめてません。

    でも、正直、ゲイの方に偏見というか無知な人に、ぜひ読んでもらいたいなぁと思うところがたくさんあります。私自身「そうなのかぁ」と思うことがたくさんありました。

    あと、本題のお料理もとても美味しそうですし、これを手本に作ったことも何度があります。そんな凝ってなくて、ほんとに家庭料理なものも多いので料理マンガとしても魅力も満載です。
    そして、2人を取り巻く周囲の人たちも、現実にいそうな、いないような、ある意味リアルな人たちで、2人とのやりとりにも引き込まれます。
    ちなみに私はシロさんの職場にいる志乃さんが憧れの立ち位置です。
    【効能】ゲイの方、身近にゲイの方がいない方、いる方、料理好きの方、弁護士志望の方、そろそろ親の介護を考える年齢になってきた方の他、わりと老若男女(若は微妙?)に効き目があります。
    【副作用】お腹減ります。

  • 家に帰ってきた実感を得られるごはんが良い。
    食べたい欲求よりも誰かに作ってあげたい衝動に駆られる不思議な漫画だった。

  • ここまでゲイが前面に出ているとは思っておらず、ちょい最初「ぉぅ」ってなりました。もちろんそういうシーンは皆無で根っからのお料理漫画。シロさんみたいに手際よく、順序良くお料理できたら楽しいんだろうな。冒頭節約に励むシロさん、ハーゲンダッツ買ってきちゃうケンジ、浮いたお金でどっか食べにいけるー!と喜ぶケンジに、貯金だって返すシロさんの姿に夫と私の姿を重ねてしまいましたとさ・・・。あ、うちは男女の夫婦です。

  • 大好きな漫画♪再読(再再読!)
    シロさんとケンジのカップルには色々な人生の悲哀がある。男と女じゃないからこそ、お互いを大切にする努力がちゃんと必要なんだ。その表現方法の一つがシロさんのお料理なんだよね。
    男女の夫婦だってお互いの関係を当然と思わないで、この二人を見習わなきゃないと思うよ。
    あとご近所の主婦、佳代子さんとシロさんのお友だち付き合いがよい!

  • 電子書籍にて。再読。刊行当時に既読でしたが急に再読したくなり、探すのが面倒になって電子刊行分まで一気に大人買いしてしまった。なんか知らんが夏に読みたくなるのは、全体に夏のエピソードが印象的だからかな。この巻も佳代子さんとの出会いが印象的w ほのぼのしつつ人生の悲哀も感じるのはやはり、よしながさんの上手さだね。しかしこれは内容と関係無いけど、電子のクオリティが酷かった。雑誌からコンビニのコピー機でコピーしたような絵に見えるのはいかがなものかと。こういうレベルの電子はたまーにあるけど作家さんにも失礼よな。

  • 一番最初に読んだのはお友達に借りました。
    どうしても手元に置きたくて買いました。
    シロさんとケンジの恋愛模様、二人の職場でのこと、日々の暮らし、そして美味しい毎日のご飯!特に主婦目線での食材の購入をするシロさんは素敵すぎますし、献立のバランスのよさは脱帽です。

  • 有名なのは知っていたものの、手が伸びきらなかった本。家に積まれていることに気づいて手にとった次第ですが、まさかゲイが主役だとは思わなかった…。

    特に抵抗を感じるタイプではないのでそのまま読破。
    ちょっと変わったシチュエーションでの日常モノか、というのが感想。
    だが、面白い。
    あまり重さを感じさせないキャラ設定・作風というのもあるが、何かしらストレスを感じながらも、生きにくい今を生きなければならない現代人が参考にすべき「気のもちよう」というか「向き合い方」というか…
    そういったことについての参考書、になり得る点が面白さの秘訣でもあるのかな、と。

    まぁなによりシロさんとケンさんは見ていて飽きない。
    シロさんみたいになりたい。

  • ひたすらおいしいご飯をつくりおいしいご飯を食べるシリーズ。大きな出来事は特にない。当たり前の日常の小さな幸せっていいね

  • 「昨日何食べた?」こんな質問から始まった、変人たちのお付き合い。手軽に作れる料理が多く登場し、作ってみたいという気になる。同性愛の場面もあるが、特に過激な描写はないため問題はない。

  • 物語はいいのだけれど、この作者の味である絵に対して文章が多いという配分が私には向かないんだろうなぁ。中身はホストの件好き!あのキャラクターもう一度読みたいです。出てくるかなぁ。ほかにも、この作品に出てくる食べ物が美味しそうで仕方がなかったです。ジャムの作り方とか、軽くレシピ本だと思います。

  • ゲイカップルの夕飯について。

    ご飯の作り方がメインで、ほとんどその他の話はありません。ほとんど無いなりに少しずつゲイカップルの出会いとか、その家族についてとか、職場の人の話とかが出てきますが、ほんとに少しです。

    出てくるご飯が美味しそうで、作り方も簡単そうなので実際に作ってみたくなります。

    シロさんみたいにレシピを見なくても料理が出来る人って尊敬します。。

  • 自分は料理をしないので、よく出来たレシピなのかどうかは判らないけど、サラッと読みやすい、ほのぼの日常系お料理BLマンガ。

    会社の人との接し方と、家族との接し方、主婦友との、彼との…全部が上手く描かれていて、とてもよく出来ていると思う。僕の周りにもゲイがいるから分かるけど、ホントこんな感じ。

    これからシロさんが、少しずつ周りの人達を巻き込んでいくところや、過去にあったことを見ていきたいなぁ、と思う漫画でした。

    すみません!レシピのとこ、読み流してます!

  • 読んでてお腹すきました。

  • オタク出身としては、この作者はおなじみだけど、実はオリジナルをまともに読んだことはなかった。
    BLものは最近は全くと言って読まないけれど、この作品だけは別。淡々と日常の食事を通して描かれてるのに、すこしづつふたりの信頼関係が深まっていくのを感じる。
    この作品の料理はどれもおいしそうだけれど、実際煮込みハンバーグとコンビーフトースト(ケンジトースト)はおいしくって、我が家の鉄板レシピになった。

  • 「マーマレード作んなくたってジャム作ってる時点で普通の男じゃないっつの」

    弁護士のシロさんと、美容師のケンジの同棲ゲイカップルの日常。こんな同棲生活。憧れるね。ゲイだけど。
    とにかく紹介される料理がぜんぶおいしそう。よしながせんせいの家の子になりたい。こんど明太子でぃっぷつくる!

    ジルベールも好きです

全954件中 1 - 25件を表示

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)に関連する談話室の質問

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)に関連するまとめ

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする