BILLY BAT(1) (モーニング KC)

  • 1741人登録
  • 3.68評価
    • (107)
    • (171)
    • (202)
    • (25)
    • (7)
  • 104レビュー
  • 講談社 (2009年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063728125

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

BILLY BAT(1) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • あー、いい。
    うん、いい。
    みんな読んだ方がいい。

  • 1949年、アメリカーー『スーパーマン』『ワンダーウーマン』に並ぶ人気漫画『ビリーバットシリーズ』を描く、ケヴィン・ヤマガタのもとに、彼が描くキャラクターと同じものを以前日本で見たという情報が入った。ケヴィンはその真偽を確かめるため日本へと渡るーー
    浦沢直樹と長崎尚志の強力タッグがつむぐ、最新作!
    コウモリが歴史の深淵を照らし出すーー(Amazonレビューより)

    のっけから謎が謎をよび、さっそく物語にのめりこんでしまいました!さっそく続きに手を伸ばします。

  • 手塚っぽいというか火の鳥っぽいというか。多分手塚と違うところは起承転結をつける気があるところだろうが、その時点で手塚には勝てないような気もする。

  • 戦後間もなく。
    一人の漫画家は、とあるきっかけで自ら産み出した漫画に疑問を抱く。

    その真相をさがすべく、たどった道筋は…不可解ながらも深い闇を沿う道の入り口。

    世界と社会に潜む、さまざまな疑問。
    不可解な謎。

    この物語の果ては、どこに向かうのか?
    すごく楽しみではあり…同時にオチに向かって下降していかないだろうか?、という強い不安もある。

    広げた風呂敷があまりに広大で、散りばめられた謎たちがあまりにも深い。
    故に収拾つかなくなって、自然飽和しないかどうか心配。
    …MOSTERの作者でもあるので、同作品のような終わり方ではないことを願う。

  • とりあえず手に入った15巻まで読了。自分用感想メモ。

    ・なんだかんだ言っても読み進めちゃう面白さはあったが、話が複雑というか広がりすぎで、「ついていけてる」感はない(笑)
    ・近現代史をちゃんと勉強しているともっと楽しいかも。
    ・二十世紀少年と似てるな…っていう手法が多い(コウモリとともだちマークのモチーフ使いとか、予言の書っぽいところとか)。
    ・「漫画家が漫画で世界を救う」という漫画を漫画家の浦沢直樹が描いているわけで、色々難しい設定とか背景とか考えているわりに、そこんとこのアツさが率直というか、青臭いというか、可愛いなって思わなくもない。だって、「いや、なんで漫画が世界を救うねん」って、読んでて思ってしまうもん。二十世紀少年のときの「音楽が世界を救う」発想は、そこまで違和感なかったけど。手塚治虫へのオマージュなどはよく指摘されることだけど、本当に、浦沢さんは漫画が好きなんだろうなーーって思う。

  • 下山総裁の死と漫画がどう絡んでいくのか興味は尽きない。

  • おまえのコウモリは黒か?白か?

  • 人間は灯りを発明した。
    それによって人間は闇への恐怖も克服した。
    だがそう思っているだけで、実のところは‥闇をいっそう濃くしてしまっただけだ。

  • 話が謎過ぎて面白いのかなんなのか ( ꒪⌓꒪)

  • 先を期待させる描き方が本当にうまい。。

    ついつい読んでしまう。

    片付けなきゃいけない仕事があっても。。

  • 20世紀少年以上に複雑。時系列に頭の中で並べ替えるだけでも一大作業なのだ。
    ケネディ暗殺、月面着陸、国鉄総裁変死事件、そして◯◯ランド。実在の事件を絡めているので、私ら世代には、すごく興味深いものがある。

    まだまだ続きそうなんだが、最後までついて行けるか自信がない( ;´Д`)

  • 何かありそうな感じで先に引っ張っていくのはもうお腹いっぱい。というのは、これまでの作品から“あまり何もない”のがわかってしまってるからなんだけど…。

  • 3巻まで読んだけどもういいやって感じ。思わせぶりに引っ張りまくるだけのいつもの浦沢漫画です。3巻の卑怯者と見せかけて実は卑怯者じゃなかった展開は良かったかな。

  • いつかまた映画化とかされるかな、と思って先取り読み。とりあえず7巻まで読んだけど、相変わらずの世界観。ポジティブな意味では、壮大だけど深いストーリーって感じ。ネガティブな意味では、キャラの描き分けが乏しいから、壮大な世界観になったはいいけど、誰が誰なのか、イマイチすっきりしない。特に時代も場所もめまぐるしく移り変わるあたりとか、正直ちんぷんかんぷん。読み込めばいいって話かもしれんけど、それもう~ん…って感じ。

  • 歴史と蝙蝠の謎。

  • 歴史の改竄と人類史の闇に踏み込んだ壮大なサスペンス
    16.10.06 20巻up←これで完結!

    全20巻 完結

  • 日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日、国鉄総裁下山定則が轢死体となって発見、死後轢死の可能性が高く他殺説もあったが、警察は捜査結果を公表せず捜査を打ち切る、という実在のミステリー事件を元に謎が何十にも絡んでいて面白いです。

  • 朝おきて、何気なく二度読みしてしまった。
    初めて読んだときはもっとわくわくしたけどね。

  • どこかで読んだことがある話しだなーと思ったら、手塚治虫の「奇子」でした。

    伏線が多すぎて「???」となります。
    全部回収できるんだろうか…。

    新刊がでても、前の巻…いや1巻から読み返して思い出さないとわけがわからなくなりそう。

  • 深い。日本のブラックな歴史が良く分かって面白い。

  • 評価どおり、とりあえず3巻までは読みます。

全104件中 1 - 25件を表示

BILLY BAT(1) (モーニング KC)に関連する談話室の質問

BILLY BAT(1) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BILLY BAT(1) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする