BILLY BAT(4) (モーニング KC)

  • 1032人登録
  • 3.79評価
    • (49)
    • (92)
    • (79)
    • (7)
    • (1)
  • 32レビュー
  • 講談社 (2010年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063729221

BILLY BAT(4) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西部の粋なオッサン達に漢を感じる

  • 時は1960年代、アメリカ黄金期ーー夢のテーマパーク『ビリーランド』でビリーバットの着ぐるみに入り、毎日黙々と仕事をする男。自分が何者なのか、何になるかすらわからない“自分探し”途中の男。彼の夢は、いつか偉大な英雄になること。そんな彼の前に現れた本物のビリーバット。ビリーにいざなわれ、彼の人生に転機が訪れる……彼の名はオズワルド。(帯より)

  • コウモリに連なる群像劇。
    今度は、あの世紀の大事件を起こしたあの人物に焦点が。

    暗躍する影。
    不可解な事象。
    愚者たち。

    歴史の裏側。舞台の仕掛け。
    さあ次巻はどう転ぶのか?

  • 広げた大風呂敷の中で見えてきたコウモリの囁き。マンガが世界で世界がマンガ。マンガマンガマンガ。コウモリが囁くマンガ、それはつまり?

  • 大きく捉えると、‘普通の人間'たちが利害関係で寄り集まって作った『権力』という闇に、‘普通の個人'たちが呑み込まれ、利用されていくお話し。

    物語は太平洋戦争突入前の下山事件から幕を開けるが、辿ればその'個人の犠牲'は時代や国を超えて面々と繰り返され、一部の人間の一元的な欲望だけが満たされていく。

    巻を追うごとに面白くなっていきます!

  • ケネディ暗殺の話を入れ込むなんて。
    汚い。。
    面白くないわけないじゃないか。

  • 絡みあってきたよ、こんがらがってきたよ、面白くなってきたよ。この話、どう持って行きたいのか、今のところは本当に謎。誰が味方で、誰が敵なのか、すらまだ検討がつかない。キャラ的にもまだたっているキャラはそれほど。でも、面白くなってくるのはわかる。(11/2/4)

  • ケネディ暗殺者とされるオズワルドの話。
    オズワルド、いままで詳しく知らなかったので、いい機会だと思って調べてみたら、日本厚木基地、ロシア、アメリカを渡る米軍の射撃の名手、というだけでなく、ケネディ暗殺をCIAに命じられてもロシアや南米の反米組織に命じられてもなるほどと思われる経歴の人なんですね。
    しかも、「その経歴を利用して自分は嵌められた、身代わりだ、真犯人はほかの人だ」と言って移送中にマフィアやCIA、反カストロのキューバ人亡命者グループと関係のあるジャック・ルビーに殺害されていて死人に口なし。
    興味深い歴史に超越者の意思を結び付けていて、ぐんぐんひきつけられて読みました。

  • 面白くなってきた。

  • 2012/07/02
    移動中

全32件中 1 - 10件を表示

浦沢直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

BILLY BAT(4) (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

BILLY BAT(4) (モーニング KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

BILLY BAT(4) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする