ファンタジウム(7) (モーニング KC)

  • 100人登録
  • 4.24評価
    • (17)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 杉本亜未
  • 講談社 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063729832

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ファンタジウム(7) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

  • 「どんなにバカにされても くだらなくても…… 儲からなくても それしかできない人はいるんだ……」
    良くんが全ての人に向けた言葉。
    多分、『ファンタジウム』を読み終わった時に、一体自分は何に不満があって自分の人生つまらなくしてるんだろうな、って思うんだろうなぁ。「普通」「一般的」と言う言葉にどれだけの縛りがこの世の中にあるだろう。大多数の名のもとに如何にも正論であるとされる協調性と慣れあいの違いと言う縛りが。

  • 番組ドタキャン、家出と問題行動(?)多めの巻だけど、だからこそ「やりたいことをさせる」ということが良の成長に大きな効果を与えていることがわかる。
    少しずつ理解者が増えているのも頼もしいな。

    後半は番外編。おじさんの両親と良の対面。

  • 前巻で壊れてしまったからくり人形が今回の主なモチーフになってます。
    また、前巻でかなり問題人物だった先生のその後も明らかにw

    そして、これまで難読症を克服する学習を続けてきたことに対する、一つの成果が見られた巻。
    それがあの先生のもとでだったというのが皮肉でもあり、妙味でもあり。
    でも、涙ぐんでたお母さん、良かったね。
    主人公がクラウンの格好だったことの意味が、それまでの流れでつながって、とても良いシーンでした。

    主人公本人がそろそろ目標が定まってきた感じなので、次巻も楽しみ。

    というか、次の8巻が最終巻なんでしたっけ…いじめや難読症という障害についての問題提起がありながら、ほのぼのしつつ思わず笑ったりできたお話だったので、読み終わるのがちょっと寂しい。

  • ハッピーモストの人たちが元気そうでよかったです。芸能界話は難しいよ。

  • いつも知らないうちに出ている
    今回も泣かされました
    家出のエピソードが楽しかった

  • よかった。もう一度、1卷から通して読む。

全7件中 1 - 7件を表示

ファンタジウム(7) (モーニング KC)に関連する談話室の質問

ファンタジウム(7) (モーニング KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファンタジウム(7) (モーニング KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファンタジウム(7) (モーニング KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ファンタジウム(7) (モーニング KC)のKindle版

ツイートする