最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)

  • 33人登録
  • 3.78評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 十文字青
制作 : THORES 柴本 
  • 講談社 (2013年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063753356

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定は世界的規模で人間と吸血鬼が、存亡をかけて戦っている壮大なものなんですが、話の中で語られているのはアミューズメントセンターの覇権争い。このギャップがいい。
    この巻では、吸血鬼になってしまった鳴海の葛藤と、謎の吸血鬼集団の暗躍の2本柱になっていて、ちょっと両方が食い合って中途半端になってる感じがあるかな。

  • ライトノベルってこんなだった!と感じたのだけどなぜだろう。殺伐な日常とほのかな恋の塩梅が印象に結び付いたのかしら。 リアン・閻魔・ミロのやりとりがそわそわ…

    鳴海は大変だなぁ~まさに表紙。
    アベルとは違う葛藤だけど、続けて読んでいるのでなんか重ねてしまいますね

    人呼んで酔いどれの屑はつぼった

全2件中 1 - 2件を表示

十文字青の作品

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)はこんな本です

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)を本棚に登録しているひと

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)の作品紹介

爆発的に増え広がった吸血種(ヴァンパイア)たちに対抗するため人類が"人類再生
教団(リヴァイバルズ)"を結成してから約百年。鳴海諒は幼い頃に両親を惨殺され、
仲間たちと吸血種に飼われていた。ようやく生きながらえること
ができた鳴海は生涯をかけて吸血種への復讐を誓う。やがて彼は
第七十六使徒先遣隊(ヨハネスバニティー)の第四教僕隊(カトラム)の特攻隊長として吸血種を手に
かけることを生き甲斐としていたが、激戦の果てに命を堕とす。
しかし数日後。死んだはずの鳴海は復活した。あろうことか宿敵・
吸血種の手によって……。吸血衝動に苦しめされながら鳴海は誓う。
「我(ニエ)、狼を狩る狼たらん(エラン・ガルフェル・ガルファス)」
権謀術数蠢くこの最果ての東で、今宵も月が赤く囁く---。

最果ての東 2nd end 迷える狼たちよ踊れその罪と共に (講談社ラノベ文庫)のKindle版

ツイートする