capeta(カペタ) 16 (KCデラックス)

  • 321人登録
  • 4.02評価
    • (33)
    • (24)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 曽田正人
  • 講談社 (2008年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063754605

capeta(カペタ) 16 (KCデラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あいかわらずあつい!

    やはりおっさんキャラはすごい!いよいよF1に近づいてきた。

  • Fステを乗りこなすカペタ。
    次なる試練。そして見据えるステージ。

    相変わらず光るセンス。
    伸るか反るか、いつもギリギリの線を走る姿は面白い。

    読後、次巻を早く読みたい衝動に駆られる。

  • 物語の舞台はF3へ。

  • 男が男に惚れる。大抵、自分よりも優れた何かをみた場合かな?

  • 再読。

    FステからF3へ。
    竹森さん登場!
    なんかもう第二幕の終章を読んでるのでいちいち感慨深い。

  • この作品のさらーって読めるのにおもしろいところが好きです。

  • F1の世界ってこんなに狭き門なんだなと痛感していき始めた巻。
    カペタの成長が楽しみです。

    でもモナミちゃんはどうなるんだろうなあ。ヒロインが一人過ぎるのが気になるともいう(笑。

  • 新章スタート。
    ふるいをかけられるF3への挑戦なるか。
    どうなることやら、どきどきです。

    関係ないけど、表紙がめ組~みたいだと思った。

  • いや、なんだかすごくなってきました。毎回楽しみです。

全9件中 1 - 9件を表示

曽田正人の作品

capeta(カペタ) 16 (KCデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

capeta(カペタ) 16 (KCデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

capeta(カペタ) 16 (KCデラックス)のKindle版

ツイートする