あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)

  • 87人登録
  • 4.11評価
    • (13)
    • (14)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 大和和紀
  • 講談社 (2008年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063754698

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 其の十一~其の十五

  • 「須磨」「明石」を越えたあたりまで。源氏物語を読み始めても、このあたりでやめてしまう人が多く、これを“須磨帰り”というそうです。源氏の華々しいラブアフェアは物語の序章といえるでしょう。これからは、紫式部が数多く張っておいた伏線が動き出します。

  • 花散里。明石の上。

  • 明石の君のところ

  •  朧月夜は、思ったよりも影が薄く残念。魅力的な人なのだけど。ただ、フジツボのことがあって光源氏が自暴自棄になるあたり、そしてそれが左遷の遠因になるあたりは、とても説得力がある。ただし、そのあたりに説得力があると、朧月夜は文句なしに被害者になるわけで、そのあたりの感覚が微妙だ。

     須磨・明石と進んでいよいよ明石の上が登場する。彼女は紫の上よりも年上だと漠然と持っていたので、ちょっとびっくりした。ある意味で、もっとも重みを持つ女性であるのだから当然だけど、最初からなかなかの存在感である。自らの運命をコントロールしようと源氏にたやすくなびかないところが、百に源氏を誘ってしまうあたりが皮肉。

     光源氏という人は、あんまり責任感と開始の力とかがあるようには見えてこない。何となくわかってくるのは、この物語が開くまで女性の物語であると言うこと。光源氏という人は、女性に様々な幸せと不幸を体験させる狂言回しに過ぎないのである。そういう意味では、恋愛の化身とか、運命の象徴とか言ってもいいのだろう。
    2009/3/2

  • 言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお供になっていた人も多いでしょう。今年はちょうど連載開始から30周年です。

  • 月2,3冊というのは正しいペースですね。
    一気に読むと疲れます。なんか常にいろんなひとが苦悩してるんだもん。

    でもな〜すごいと思う。源氏物語もすごいし、大和和紀もすごい。力があるひとしか描けないよねえ。
    今も同じですよ。恋なんて。恋なんてさ。

全9件中 1 - 9件を表示

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)のその他の作品

大和和紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)はこんなマンガです

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あさきゆめみし 3 完全版 (KCデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする