×××HOLiC(13) (KCデラックス)

  • 1935人登録
  • 3.80評価
    • (153)
    • (117)
    • (239)
    • (5)
    • (2)
  • 54レビュー
著者 : CLAMP
  • 講談社 (2008年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063755107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

×××HOLiC(13) (KCデラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    「起きてみる夢と眠ってみる夢。どちらの夢も強く願えば現実(ホントウ)になる」――侑子(ユウコ)の言葉を胸に、夢かもしれない毎日を、大切に過ごし始めた四月一日(ワタヌキ)。そんな折、小羽(コハネ)の身に事件が……。霊能師として、娘として、名前を呼ばない母親との関係に苦悩する小羽。そしてそれを見守る四月一日と百目鬼(ドウメキ)……それぞれの想いが交わり、小羽は人生をかけた決断をする――。オカルティック不思議コメディ第十三弾!!

    【感想】

  • 小羽ちゃんがテレビに出演し、彼女と母親のために大きな決断をくだします。そんな彼女の決意を察知した四月一日は、百目鬼とともにテレビ局に駆け付け、彼女を助けようとします。

    四月一日自身の秘密に関わる謎解きが一気に進むのかと思ったのですが、今回は小羽ちゃん絡みのエピソードに決着がつけられる巻でした。とはいえ、やがて訪れる何かを侑子さんが示唆していて、やはり続きが気になります。

  • (ブログよりの転載)

    …そろそろ「ツバサ」を読んでいないと話が分からなくなってきた…。

    ツバサは初期の、小狼の師匠らしき人が登場したあたりまでしか読んでいなくて。小狼君何で増えたんだろう。


    …それは置いておいて、13巻の感想です。

    今回は小羽ちゃんの巻でした。
    散々傷付いただろうけど、最後には笑っていてよかったです…。
    着物姿も可愛かった。

    これからの生活はどうするのか気になりますが、世話焼きの四月一日(と百目鬼)は毎日でもご飯持って会いに行くだろうから、寂しくはならないですよね。

    次巻は四月一日中心かな。
    ツバサとのリンクも増えていきそうですが、和風ホラーな世界が好きなので、また買おうと思います。

  • サクラの羽根が四月一日と小羽を引き逢わせたのかな?
    羽根の力を失った小羽のこれからが幸せでありますように…
    記憶を対価として支払う前の四月一日がどんな経緯で侑子の店に来たのか?判明する日は来るのだろうか…

  • 『これも必然なら、おれは小羽ちゃんに会わなきゃいけない』霊視が全く当たらなくなった小羽を助けにTV局へ向かう四月一日(ワタヌキ)。
    だがそこで待ち受けた衝撃の光景とは……!?

  • ×××HOLiC13巻

  • 「小羽」編の完結。小羽の選択する力が羨ましい。この小さい年でここまで大きなことを考えて他人のことも気遣える。そのような強さを身に着けていきたいと思えた。

  • 小羽ちゃん決着。

    強く願えば願いは叶う。でもね、

  • 第13巻全体で、小羽ちゃんについて決着がつく。
    一方で店には異変が起こる。

  • 再読。
    小羽ちゃんはえらいよ。

全54件中 1 - 10件を表示

×××HOLiC(13) (KCデラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

×××HOLiC(13) (KCデラックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

×××HOLiC(13) (KCデラックス)のKindle版

ツイートする