僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)

  • 257人登録
  • 4.05評価
    • (23)
    • (22)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
  • 講談社 (2011年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063761498

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)の感想・レビュー・書評

  • 回想編のあまずっぱ!!
    生徒手帳に落書きとか。絶対に好かれてるじゃないか!
    もーう!

    でも、好きな女の髪を一本手に入れて、しげしげと見つめてしまった、すでに30を越えた僕……。
    かなり「悪いラインで共感」してしまい……呻吟。

    いや、冗談でなくこの巻は作者にとってひとつの頂点かもしれない。

  • まだ各話の解説を読んでないのに書き込ませていただきますけれども(!)、今回もまあ…いつも通りな感じですね。主人公の動きがやたらと「シュッ!」となっているところが何というか、微妙に笑いを…特に僕の笑いを誘います…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    著者の恋愛話的なものも出てきますけれども、特にこれといった感想はないですね…あんまり人の過去の話に興味がないのかもしれません…

    ヽ(・ω・)/ズコー

    著者の性癖については…うーん…同じ男子として共感したいところではありますけれども、あんまり…ですかね。もっと若かりし頃なら共感できたかもしれませんけれども、三十路を迎える前の身としてはもう女性の身につける物とかにね、それほど妄想膨らませられないかなぁ…というのが正直なところですね。

    おしまい…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 回想編。久しぶりに福満さんのやばいバイブスが全開になっている感。

  • 森田童子「ぼくたちの失敗」からきている事にこの巻で知った。「痛さ」と「後悔」で塗り固められた焦操感に急かされる過去の自分と現在の自分が客観的に叱責する様子を見ると、変わることが出来た福満しげゆき先生が居た。こう、黒歴史を不特定多数の人や知人に知られてもいいぐらい折り合いが着いたのだなと……でも、回想編には確かに変われない僕たちが居た。だから、面白い。それが、象徴的に表されている初恋の同級生の存在が物語っているのと台詞の「もう背伸びないの?」が核心を突いている。

  • 薄くないかこれ…
    ひいひい描いている姿は今までの作品にあるし、身内みたいな気分で、しょうがないかなぁ漫画家だって人間だ!って思えるっちゃ思えるけど…

    感じてしまう。ずるーーーいーって。でも買いたくなっちゃうから私の負けです。ちぇ。

    よく考えたらそもそもブックオフで買おうとする時点で私がズルか…
    定価で買おうと思えないからしょうがないのか…

  • ナチュラルボーン変質者には笑った!

  • 登録し忘れてた。

  • 回想編。中学時代のある女の子との恋愛未満な日々の回顧録。今までの結婚生活エッセイと違い、作者の漫画の色々な源になったであろう記録の数々が見られる。青林工藝社から出ている作品集にも通ずる気持ち悪さが良い。というか明らかにその中の場面の元となったシーンも度々出てくる。
    今までのエッセイにも言えることだが、この人の凄い所は、普通の人なら他人の目を恐れて言えないような事、例えば普通であれば自分の脳内等他人の目に触れない形でのみ留めておくであろうレベルの、個人への悪口や異性に対する変態的な思い・行動を、本人が見知る可能性を含めた不特定多数に触れる形で公開出来ることだと思う。

  • 自己と戦うことの困難と可能性を表現するこの漫画ももう5巻目、非常に名言が多く読み応えがあった。ネタ的にはモーニングの編集長が「島田」になると聞いて作者が想像したことが面白かったと 思ってしまっている 僕が 今 ここにいる・・・

  • ついに原点に帰った福満作品!

  • メインは作者が中学時代ちょっといい雰囲気になりかけた同級生との話。あるいは、それなりに明るかった中学時代の作者が、卑屈な非モテ君になっていくまで(笑)。
    面白かった。現在の作者からのコマ外の突っ込みが笑える。
    しかし、コミックスのあまりの薄さに驚愕。

  • 安定の変態さ。素晴らしい!

  • 最初本屋で手に取ったとき、
    「薄っ!!」て思わず声に出してしまってごめんなさい。
    内容はすごく濃かった…そして痛かった。
    他人事と思って読んでるとうっかり自分の黒歴史を思い出してしまって
    ひどい巻き添えをくらう恐れあり。
    なにもこんなに赤裸々に事細かに書かなくても、と思ってしまうが、


    平たく言ってとてもおもしろかった。
    続きも楽しみにしてます。

  • 最高です。
    今まで福満漫画を読んできて、ホンワカした気持ちになったことはあったけど、「感動」したことはなかった。
    青春時代、だれもが「あのときああしていたら、今、どうだったか?」
    といった出来事があったと思う。(今になって思い返す。)
     そんな話は、あくまでプライベートなことであり、自分自身、とるに足らないことと思いこんで、記憶を封印していることも多い。
     しかしさすがは福満さん、細部まで記憶を掘り起こし、絶望的なまでに暗かった当時の出来事を描写していました。
     そして、読み返すと、その女性から、どうやらメールをもらっているんですね、「現在」で。福満さん、漫画家やってて本当に良かったですね、と素直に思える内容です。(ビレッジヴァンガードに感謝!!)
     6巻にも期待!!

  • 中学生の頃から女性の髪の毛を家に持って帰って舐めようと考えるなんてこの頃から屈折していたのかと驚き。

    このような変態でありながら、童貞を卒業しても(素人童貞ではある)満たされずただやりたいだけでなく恋愛がしたいというピュアな一面も持っている。

    ただバックを要求するだのうまくHが出来なくて手でしてもらうのを要求する当たりあいかわらず無駄にというか以外に行動力がある。

    以上、読み終わって印象深かった。

  • よく分かる。
    通信制高校を卒業して夜間大学に通って
    女性達にきもいと言われているだろう僕にはよくわかる。
    女の子の微妙な態度の変化がリアル。センチメンタル。

  • このマンガがすごい!2011ですね。妻いなくてもどんどん面白くなってくるのが凄い。

  • 漫画家の福満さんとご家族のお話。私漫画。今回は過去編というか、僕の小規模な失敗に書かれて無かった初恋話の上巻。

    こういう、本当の事を書いてる私漫画が面白くないはずがない。
    自分には出来ない事だわあ…凄く面白いです。

  • 育児モードから一転、中学時代の振り返りへ。福満先生らしさが前面に出た1冊です。

  • 最近ちょっとパワーダウンしたかな?と思っていましたがこの五巻はとても良かった。「僕の小規模な失敗」からの読者なら絶対楽しめると思います

  • 作者の中学時代からの女性遍歴、童貞喪失まで、笑。本薄いけど文字数いっぱい、心理描写がこまかく読みごたえあり◎

全23件中 1 - 23件を表示

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)に関連するまとめ

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)はこんなマンガです

僕の小規模な生活(5) (KCデラックス モーニング)のKindle版

ツイートする