僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)

  • 223人登録
  • 3.90評価
    • (17)
    • (22)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
  • 講談社 (2012年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063761856

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
福満 しげゆき
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)の感想・レビュー・書評

  • P21で過去の思い出を回想して「いろいろ・・・遅すぎたなー」と背中を向けて述懐する1コマにびっくりした。この作家が今までにしたことがない表現だったからだ。この作家は、他者の理解を阻むほどの「自分視点」での表現に特色があるが、このコマは、自分を客観的な場所から描写している。このコマ以降には出てこないので、偶然なのだろうか。

  • この回想編、本当にすごい!
    基本的に人生って大したことない、むしろ何も起こってないようなものだけど、でも当人はその中でもがいている、ってことを圧倒的なリアリティで見せつけられる。
    誰もが(脳内では)ドラマティックな人生を歩んでいる!
    「人間て、たった一人で、ここまで、興奮したり、泣いたり、喜んだり、落ち込んだりを…第三者をまじえずに、たった一人でやることも可能なんだなー…」あとがきにもグッときたよ。

  • 中3のときの本気の絵!彩色あり!
    これは恥ずかしい!
    僕はつげ義春的な人生を送ってきたと思わせたいんだ!
    よくわかる!

    「青春時代にはもう戻れんとよ」
    この決定的一言! そして福満先生の決意!
    ああ。僕も。おお。

  • 相変わらず面白いですね!! 僕は個人的に著者の過去の話よりかは現在の話の方に興味がありますのでアレですね…過去話から現在に移った今作は個人的にかなりイイです!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    「日本のアルバイト」とかいう読みきりの話が面白かったですね…一人の青年の、アルバイトの日々をただ綴っただけなんですけれども…妙にリアルで…思わず笑いました…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    今作は2012年発刊なんですけれども、これ以降、このシリーズでは新作が出ていないんですよね…まさか打ち切り…?

    できれば個人的にかなり面白い漫画ですので続けていただきたいのですが…さようなら。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 主人公はすぐに小心なことを考えるし、エロイことを考えるし、なんだか自分を見ているようで共感を覚える。でも、こんな人でも文化庁メディアなんとか賞をもらったり、二人目の子供をもうけたり、リア充どころの話ではないな、こりゃ……素直に羨ましい。

  • カバーを外したら、すごい絵が出てきた

  • ほんと歪んでるなーw ただね、薄いよ!本が!薄いよ!

  • 福満先生ぇぇぇぇぇえええ薄いよぉぉぉぉぉおおお6巻ごく薄だよぉぉぉぉぉおおお

  • どんどん薄くなる。コスパ最悪。だが読んでしまう。

  • 初恋話がぶっとぶほど、面白かったのが中三の頃に書いた福満先生のイラスト。

    そしてそれをいじる妻。

    死ぬほど笑った。

    さらにカバーを外したら、そのイラストがカラーで載ってた時点で腹筋崩壊!

  • 「僕の青春は完全に終わった」のところで大爆笑してしまった。

    小規模な失敗とはほんとに別物になったけどむしろ今はこっちの方が好きかもしれない。

  • 回想編の最後である、第118話が収録。
    もうこれでエンディングでいいんじゃないかと思うくらい素晴らしい。

    長い人生の中の1つのゴール地点が、ストレートに(臆面もなくw)描かれてる。

    「認められた」っていうのを心から実感できた時、
    人は次のステージへと進める。

  • 過去編終わったか。妻が出てくると和むわ。

  • 2巻にわたって続いた中学回想編完結(そして妻第二子妊娠)。
    正直4巻は下火になっているような出来だったが、ここにきて一気に盛り返すような出来になっている。
    出世作である『僕の小規模な失敗』の内容を見事に補完。
    これを読むと『~失敗』はたいぶ割愛していたのだなと理解できる。
    青春の残尿感がすっきり。
    ただ・・・編集としては如何なものか?
    この5・6巻、とにかく高い。
    あの薄さであの値段はない。
    5巻に全部まとめるだとか、もっと引きのばしてそれなりの厚さで2冊にするという編集方針があっただろうに。
    これは多分出版社側が悪いような気がするのだけど。
    この「甘やかし」に関してはちゃんと漫画内で諌められていただけにどうしてこんな方針になったの疑問が残る。
    まあ出版界も厳しいのだろうけど、他のモーニング誌連載の単行本はそれなりの値段なので余計にそう思った。
    面白いのに何か腑に落ちない。
    なので星は3つくらいが妥当か。

  • 読切「日本のアルバイト」が面白い

  • エッセイ漫画家の苦悩になってきたな。ネタがない感がハンパない。

  • 過去篇完結。
    自分探しの旅(過去版)本当にお疲れ様でした。
    そして第二子おめでとうございます。

    どんどん薄くなるけれど、
    どんどん読み応えは増している・・・はず。

  • 「あの三人」で大爆笑。
    カバー下で吹っ切れた福満先生を想像してまた爆笑。

    …忙しいと言いながら絶対シュタゲ観てたでしょ。

  • 初恋話の後編と、その後の話。
    共感出来る人には手放せない漫画になります。

  • 120話が面白すぎる!!最初カバー下の絵を見て意味不明だったけど、この回を読んだ後は何回見ても笑ってしまう…

    あと、読みきりマンガの「日本のアルバイト」も普段より気合の入った絵で、すごく良かった。また「生活」みたいなのが読みたい。

    仮面ライダーが好きで、ちょっとずつ単語を話すようになった息子がカワイイ。

  • 脳内ストーリーの完璧さ

  • 作者と自分がものすごく重なる。

  • 過去の様子を見てると、本当にこの人に妻がいるのか?妄想じゃないのか?と思ってしまいます。しかもあんなできた妻(しかも美人らしい)が!

  • カバーはずして、ウケた。

  • 7巻の予約がAmazonあたりで始まってたらカートに入れそうな勢い。

全27件中 1 - 25件を表示

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)に関連するまとめ

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)はこんなマンガです

僕の小規模な生活(6) (KCデラックス モーニング)のKindle版

ツイートする