ディザインド(1) (シリウスKC)

  • 23人登録
  • 4.10評価
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 木葉功一
  • 講談社 (2011年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063762891

ディザインド(1) (シリウスKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伊坂幸太郎オススメってなってたけど、確かに一気に読ませるパワーがある。

  • 武闘派報道カメラマン、虎髪朗。
    闇に埋もれる真実を追う姿は獰猛なハンター。
    手に持つカメラは捉えた相手を殺す銃口のようです。
    テロリストと対峙し、殺し屋どもを蹴散らし、バイクをかっ飛ばす。
    スクープ撮るためそこまでやるかの血塗れハードアクションです。
    痛快です。

  • めっけものです。
    主人公は、生きている実感を掴み続けるために命を削って真実に迫るフリーのカメラマン。
    矛盾や欺瞞が混沌と渦巻く世の中に、腕力とメディアの力で挑みます。
    作品全体の熱量がとても大きい。
    絵柄は独特、だけど安定感があります。
    そして主人公に様々なテーマを追わせることで、時事性を備えた物語の幅が無限に拡がる予感。
    あとは各キャラクターをどれだけ魅力的に育てていくかだと思います。

    それにしても、これほどメディアが力を持った時代ってなかったわけで、
    諸刃の剣どころではない危うさの中に自分達がいることを、あらためて感じました。

  • ベクトルこそ正しいものの凶暴で大胆すぎる主人公が頼もしい。巻末短編もケレンがいい。この人の描くカッコよさは格別のものがあるなあ。

全4件中 1 - 4件を表示

木葉功一の作品

ディザインド(1) (シリウスKC)はこんなマンガです

ツイートする