ブクログ大賞

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)

  • 99人登録
  • 3.35評価
    • (2)
    • (9)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 雁須磨子
  • 講談社 (2013年5月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063768183

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)の感想・レビュー・書評

  • ゆずるちゃん、いまいち掴めない。修くん、いいなぁこの人。憲章、借金作っていなくなったの、忘れてないんですけど……

  • うぅ…もやもやしてきた…
    瑠加は、もとかれの憲章といい感じなんだけど、一方お姉ちゃんの水美……。同居中の恋人・黒田との関係に暗雲が…なんでそーなっちゃうのー??
    話が複雑になってきました。揺れ動きすぎて、なんだかもう誰に感情移入すればいいのか……

  • ありふれているようで特別。
    でもこんな子いるいるって。

    ここに爆弾は投下されない
    っていう安心感があります。

  • 前の巻はつまらないなと思ったが、初期にあまり好ましくなかったキャラたちが掘り下げられていって魅力的に思えてきた。
    突撃系るるちゃんの行動にほほーと思う。
    地味な自分とはかけ離れたキャラクターの行動を見ていて楽しい。

  • 読者からは繋がりまくってる人間関係なんだけど、当の本人達は肝心なところがわかっていなかったりするので、例の特撮の番組が完成するまでまだまだ一波乱二波乱あったりするのかな…というのが気になります。
    近くにいるはずなのに本当に相手を理解できているのかという切なさ。
    登場人物達が何を考えてるのかがとにかくわかりづらいというのが特徴的な作品なのだけど(特にモノローグの挿入のされ方が散文的)そのわかりづらさが日常的でリアルだなぁと思ってしまう。
    でも再読・熟読するかと訊かれると微妙…。

  • 12ページの右上のコマは良いこと言ってるよね。

  • 201305/面白いけど、どの登場人物もややこしい考え方・言動で、スッキリしない。うーん、どうなるんだろう?

  • みずみが修くんとの結婚をかたくなに避けるのは過去のトラウマ的なものなのか…。内心傷付いてた、こらえてたのかな?長女だし(かよちゃんの荷物でも似たようなネタあった)。むしろるかがこれからどう出るのか気になる。けんしょうほとんど出ないし。ののちゃんとゆずるちゃん、とくにゆずるちゃんがよくわからないのでこれから先明かされたらいいのだけど。

  • つなぐと星座になるように 5巻:やっぱりわからん。
    http://orecen.com/manga/tsunaguto-seizani05/

全9件中 1 - 9件を表示

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)を本棚に「積読」で登録しているひと

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)の作品紹介

姉の水美が家を出て、姉カレ・黒田との二人暮らしに戸惑う瑠加。一方で復縁(?)した憲章、友達の譲、黒田たちが同じ特撮ドラマに出演することが決まり、瑠加の周辺が俄かにつながりだす。微妙に揺れ動く乙女心を鮮明に描き出す――。

姉の水美が家を出て、姉カレ・黒田との二人暮らしに戸惑う瑠加。一方で復縁(?)した憲章、友達の譲、黒田たちが同じ特撮ドラマに出演することが決まり、瑠加の周辺が俄かにつながりだす。微妙に揺れ動く乙女心を鮮明に描き出す――。

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)はこんなマンガです

つなぐと星座になるように(5) (KCデラックス Kiss)のKindle版

ツイートする