ブクログ大賞

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)

  • 721人登録
  • 3.66評価
    • (41)
    • (82)
    • (86)
    • (16)
    • (0)
  • 80レビュー
制作 : ウォルター・アイザックソン 
  • 講談社 (2013年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063768756

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)の感想・レビュー・書評

  • 2017.6.17市立図書館
    ぼーずが夢中になっているアップルのことをちょっとでも理解しておきたくて、原作にあたる伝記を読みつつこのコミック版も。
    ジョブズは身近にいたら敬遠してしまうタイプの人だけれど、まあこの繊細さと独善的なところが今のアップル製品を生み出したのだと思えばありがたいと思える。感謝すべきはジョブズ本人というよりむしろ、ジョブズの才能を見抜いて信頼して登用したり援助したりした人々かな?
    アタリ社をやめてインド放浪まで。

    個人的な大発見は「……っ」の使用(96ページと167ページ、よくみれば他にもあるかも?)

  • 死期が近いことを、ジョブズ自身が感じてなのか、自分の人生を<伝記>にしないかと、ジョブズの病気のことすら知らなかった、稀代の伝記作家・ウォルター・アイザックソンに、★自分から提案するところから、物語は始まる。/自叙伝ではなく@伝記…、そこが「ツワモノ」だ!/ジョブズの「文系と理系の、交差点に立てる人にこそ、大きな価値がある。僕はそういう人間になろうと思ってたんだよ」という言葉が、気に入った!/★彼が、LSD常習だったとは、大変驚いた!★脳障害はなかったのかナ.../これを好機に、彼の人生を知っていくのが、楽しみだ♪

  • 面白かったー!

    「文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値がある」

    ほんとそうだなぁ。
    iPhone使いながら感心する。

  • ヤマザキマリ先生がわかり易くスティーブ·ジョブズについて人生を解説してくださっています。入門編として読まれて良いものだと。淡々と話がシンプルに描かれているので読みやすいです。淡々と描かれているから普通に面白くて星三つですけど、星に惑わされず読んで頂きたい大人の作品。

  • まだ本で読んでなく、
    本屋さんで、マンガ本で見かけたため、
    こちらが先になってしまいました。
    けど、第1巻読んでみて、
    それも有りかと、思います。

  • アップルの創設者の一人ジョブズの伝記を漫画家
    傍若無人っぷりがちゃんと書かれているっぽい
    作者は描けば描くほどジョブズが嫌いになってると思う

  • テルマエが面白すぎたので読んでみたけど
    伝記というわりに詳細さがあんまりなかった。
    ジョブスの逸話はわりといろいろ有名だし、本も出てるので
    読んでたり知ってたりする事が多すぎたのがいけなかったかも。
    想像を超える事とか、知らなかった事とか、そこをこういう風に見せるのか〜っていう新しさがあまりなくて
    ジョブスの絵もあんまりうまく見えなかったのがなあ…。
    2巻から読むかはわからないけどちょっと期待してたのと違って
    画面もごちゃごちゃしていて読みにくかったです。

  • 稀代の変人、スティーブ・ジョブズの伝記のコミカライズ。
    ジョブズ本人は嫌な奴なわけですが、エキセントリックな彼の行動にただ困惑するか、なにかしらの可能性を感じるか、周りの人々の度量を問われているような気がします。彼の才能を殺すも生かすも彼ら次第。ジョブズは天才だけど、彼一人だけで製品が造られるわけじゃない。そんな偉人ではない苦労しただろう人々に凄いと言いたいです。

  • 氏の半生が伺える一冊

  • 背中に紫色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • スティーブ・ジョブスの伝記?
    「テルマエ・ロマエ」の山崎さんが描くコミック版です。

    1巻だからなのか?面白くないと感じてしまった。

  • 伝記/小説を漫画化
    16.10.28 05巻up

    1-05巻 続

  • ジョブズの伝記のマンガ版。
    原作を読んでいないので再現性がどうとかは分からない。
    けど読む限り、ジョブズは何だか突き抜けてる印象をとても持った。

  • スティーブ・ジョブズの貴重な青年期の記録。
    淡々と語られる半生は伝記を読んでいるよう。
    テルマエロマエとは一味違うヤマザキマリのテイストが渋い!

  • 圧倒的な画力で描かれています。登場する人たちと実際にあったことがないのに「そう、そう、こんな顔の人だった」て思ってしまうほどです。原作の内容が漫画ならではのアレンジがされていて、その世界観に時間を忘れてのめり込んでしまいます。
    スティーブ・ジョブズさんが好きな人は「このエピソードも載せて欲しかったな」て感じるかもしれません。

  • うーん 1巻だからなのか設定説明の要素というか今一つ盛り上がりに欠け、淡々と事実を追いかけている感じですね
    テルマエ・ロマエを描いた方と聞いて購入しましたが、いまひとつドラマ性が感じられませんでした

  • 漫画なので読みやすい。続きに期待。

  • 文系と理系の交差点に立てる人にこそ大きな価値がある。

  • ありがたいマンガ版。
    ヤマザキマリさんの絵が素敵。

    NHKの「SWITCHインタビュー 達人達」で連載中であることを知って、
    購入。

  • 冒頭の入り方はなかなか良かった。
    スティーブジョブズについては全然知らなかったんだけど、技術一辺倒って感じの人ではなかったんだな。禅にはまったり、インドに修行に出かけたり、色々と意外だった。

全80件中 1 - 25件を表示

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)の作品紹介

ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人以上が読み、第1話の掲載『Kiss』発売日には英・ガーディアン紙も取り上げた、超話題作登場!!

ウォルター・アイザックソンが著した世界的なベストセラー『スティーブ・ジョブズ』を、『テルマエ・ロマエ』で一躍脚光を浴びたヤマザキマリ氏が漫画化!! 第1話の試し読みは1週間で5万人以上が読み、第1話の掲載『Kiss』発売日には英・ガーディアン紙も取り上げた、超話題作登場!!

スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス Kiss)のKindle版

ツイートする