スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)

  • 172人登録
  • 3.79評価
    • (9)
    • (20)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
制作 : ウォルター・アイザックソン 
  • 講談社 (2014年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063770971

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)の感想・レビュー・書評

  • ジョブスがクズ過ぎてイラついたけど、そこまで表現が伝わってくるという意味でおもしろい。

  • 背中に紫色シールを貼った図書のコーナーに並んでいます。

  • dna鑑定でほぼ自分の子供だという結果が出たのに認知しないなんてとんでもない人だと思う。
    そのくらい極端な完璧主義者じゃないとあれだけいんぱくとのある製品は出せないとわかった。
    周囲の人は大変だっただろうに。

    体調が悪く分厚い本がなかなか読む気になれないので、漫画で連載してもらえてわかりやすくて良い。もっとこういう漫画も増えてくればよいのに。

  • めんどくさい男……めんどくささとクリエイティビティしかない……(大問題)。誇れる、完璧な「自分の子」を執拗に求めていたという丁寧ですっきりした解釈がさすがのヤマザキマリ版。

  • 変人だとは聞いてたけどこんなにクズだったとはな。どう頑張っても美談にはならないだろこれ。成功すればどんなクズでも認められるってことかな。ちょっと違うか。単に伝わってなかっただけか。対岸の火事みたいなものだからな。

  • 若い時のジョブズは仕事仲間、妻子に対して鬼畜すぎて、引きました。一方、職場ではシンプルなデザイン等にこだわりをもって仕上げていました。

    巻末にテルマエロマエのルシウス技師と、ジョブズのコラボが見られます。

  • 『「アーティストは作品に署名を入れるんだ」ってスティーブにチーム45名がそれぞれ呼び出されて、製図用紙にサインをしました。それはマックの内側に彫り込まれています。最終的成果をアートだと彼が感じさせてくれるのは、こういう時なのです…。』
    というラストで泣きそうになる。
    あと喜んで週90時間働きますTシャツとかストイックさを追求する姿勢、そしてそれに応えてくれる人間がいるのはいいですよね。優秀な人材に恵まれているから意味があることですけれども。

    『僕はジョブズの「くだらない」という物言いを「これがベストなのはなぜか説明してみろ」という質問として聞くようになったんです。彼の言葉は翻訳機にかけなければならないんです…。それに、冷静になってどんなトレードオフがあって、そうしているのかを説明すれば、ジョブズは納得してくれるんです。ジョブズを押し返す事はできるけど、同時に彼の声にも耳を傾けるべきなんだ。ジョブズは単にトレードオフが下手なんです。支配的な完璧主義者ですからね…。製品を完璧なものにしようとしない人間は全員マヌケ扱いですよ。』

  • ジョブズ人でなし絶頂期到来。
    それでも、幾人もの優秀なエンジニアや事務方が彼のやり方に慣れる努力をして、ついてってみようと思ったんだから、カリスマ性や抜群のデザイン感覚、常にもっと先へ行けると思わせてくれるだけの何かはあったんだろなー。 

  • 第3巻はAppleⅡの発表からマッキントッシュの完成まで。いよいよジョブズが周りをかき回し軋轢を生み始める。
    あの長くて退屈な公式伝記に忠実なせかいで、起伏のなさは1巻から相変わらず。もともとジョブズに関心がないっつうのもあるんだけど、そろそろ辛くなってきたかな。

  • いろいろと非常識過ぎで、読んでてどん引きwなぜこの人物が生前、そして死してなお尊敬を集めるのか。これからの話の展開に期待。もう原作は読まずにマンガだけでいいです。

  • マスマスジョブズガキライニナリマシタ。

  • スティーブ・ジョブズのカリスマ性と「現実歪曲フィールド」という側面を描いて面白い。グロービス大阪校で組織行動学を教えていた時、ハーバードビジネススクールのケース「ドナ・ダビンスキーとアップル社」というケースを扱ったが、ちょうどこの時期。会長としてAppleⅡ、Lisa、McKintoshといった各プロジェクトに容赦なく口出しをし、社長と対立。各社から集まってきたエンジニアたちがカオスの中に放り込まれ、ウォズが趣味の小型飛行機の事故で働けないという要因も加わる。でも164頁のApple IIのデザインは今でも十分通用するシンプルさだと思う……91-93年にニューヨークのコロンビア大学でMBAを勉強していた時、使っていました。日本から持って来たDos Vで動く東芝Dynabookのノートパソコンと一緒に、お世話になりました〜m(__)m。

全14件中 1 - 14件を表示

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)を本棚に「積読」で登録しているひと

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)の作品紹介

アップルIIの成功にも、ジョブズは苛立っていた。いつまでも売れ続けないだろうし、ウォズの傑作として人々に記憶されるだろうとわかっていたからだ。また、恋人クリスアンの妊娠がわかり、ジョブズは認知を拒否する。そこからマッキントッシュ完成までを描く、公認伝記漫画化単行本第3弾!

アップルIIの成功にも、ジョブズは苛立っていた。いつまでも売れ続けないだろうし、ウォズの傑作として人々に記憶されるだろうとわかっていたからだ。また、恋人クリスアンの妊娠がわかり、ジョブズは認知を拒否する。そこからマッキントッシュ完成までを描く、公認伝記漫画化単行本第3弾!

スティーブ・ジョブズ(3) (KCデラックス Kiss)のKindle版

ツイートする