ちはやふる(15) (BE LOVE KC)

  • 2556人登録
  • 4.43評価
    • (428)
    • (266)
    • (79)
    • (5)
    • (1)
  • 200レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2011年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063803310

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり好きだなぁーとすっごく思った巻。

    みんな頑張っててすごくいいんだけど、特に太一がすごくいい。
    頑張って頑張って頑張って、それでも報われなくても頑張れる人が一番すごい人だと思った。
    努力と気持ちだけで運命を引き寄せた太一が大好き。

    あと、勝利確定席で、でもけががつらくて、それでもあきらめないで頑張った千早もいい。

    そんな千早にみんな引っ張られて、あきらめずに頑張れる瑞沢高校かるた部が大好き。

    ちはやふるはやっぱり、やっぱり私にとって大事なマンガだなぁ。

  • あのー。表紙がいけめんすぎるんですが←
    新より断然太一派のわたしは、表紙だけで破壊力がやばいです☆←

    太一が、どんどん成長して・・・
    運もこれから良くなって行くのではないでしょうか!!←
    さいごのシーンはじーんときた!!
    15巻大すき//**

  • 舞台は全国大会、団体戦決勝。
    印象的なのは後半、太一がひとつ壁を突き破るその瞬間。
    その瞬間に、瑞沢高校の勝敗が決まった。
    …あの瞬間は鳥肌が立ち。そして目頭が熱くなった。

    次回からは個人戦に突入、まだまだ目が離せない。

  • やったよ!!

    だがしかし怪我の具合が気になる

  • カバーデザインは、ひょっとして出版時の季節に連動してます?と今さらながら思ったのでした。
    最初から、こんなにダイナミックなコマ割りでしたっけ?
    あと主観の移動が激しいので、誰主観かがわからなくなります。それから、連続性の排除というか。続けて描けばいいのに、間に別のネタを挟んでくるのね。読者はどんだけリテラシー高いのを想定しているのやら。

    札合わせを考慮すると、富士崎は瑞沢と北央に負けた?

  • 祝!全国優勝!

  • (2017-03-12L)

  •  千早2年生、全国大会団体戦決勝。
     ああ、間違いなく本作は、太一の成長物語でもある。これをまざまざと見せつける決勝戦。

     一方、千早に力及ばず敗退し、涙にくれる理音。
     能面少女をかなぐり捨てたその姿は本気の一戦の証である。若いっていいなぁと感じさせる描写は素晴らしい。

  • 高校かるた選手権、団体戦決勝トーナメント。千早(ちはや)たち瑞沢(みずさわ)高校は精鋭ぞろいの常勝校・富士崎(ふじさき)と対戦。それぞれが格の違いを感じるほどに手強く苦戦を強いられるなか、千早は流れを引き寄せるために果敢に攻め込んでいく。しかし札に飛び込んでいった矢先、その指に激痛が走り窮地に!瑞沢かるた部全員の闘志がマックスになる決戦がいまここに!!日本一まであと一歩――千早の夢は叶うのか!?団体戦決勝の運命の鍵を太一(たいち)が握る!?(Amazon紹介より)

  • 勝負が決まったシーンが最高!

全200件中 1 - 10件を表示

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)に関連するまとめ

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(15) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする