ちはやふる(27) (BE LOVE KC)

  • 1172人登録
  • 4.11評価
    • (118)
    • (142)
    • (63)
    • (7)
    • (2)
  • 89レビュー
著者 : 末次由紀
  • 講談社 (2015年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063804652

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少女漫画みたいでしたw

    机君!君は夏目漱石を越えましたよ。

  • うわー!うわー!どうしたらいいんだ!もういっそ3人で付き合っちゃえば?と腐に慣れ親しんだ者としては普通に考えちゃうけど、いかんいかん、これは少女漫画だった。でもさ、27巻まで私は一気に読んだけど、リアルタイムの読者はここに来るまで次が気になって気になってそわそわだったろうな。気持ちが皆バラバラになってしまって上手く修復できるのかな。「雨降って地固まる」となればいいな。

  • 最近ちはやふる、間延びしているなと少し感じたとは思えないくらい、今は怒涛の展開。
    太一派な私としては、太一の告白が少しでも千早に影響を及ぼしているのが救われる・・・
    あんなに真摯な告白を受けて、千早がケロッとしていたらショックだもんな。
    それにしても太一と周防さんがまさかの塾でつながるとは。
    そして太一に確信をついた一言。
    読者も衝撃を受けたのではないかなぁと。

    千早、太一が抜けたかるた部を支えようとしているかなちゃんの思いもじんときたなぁ。
    そんなかなちゃんにかけた机くんの言葉が、また!!
    きゅんとしてしまったじゃないかと!

    最後は新がかるた部を作って、その報告メールを千早と太一に送る場面。
    いつかのお返しみたいなシーンに、やっぱこの三人は三人でなきゃと。
    千早とは二人どっちも大事でいてほしいと心から思った。

  • 新がチームを作ったのは良かった。
    早速、チームの壁にぶち当たった感もあるけど、これも新を強くするはず。

    千早の気持ちがなー、わかんないんだよねぇ。
    太一はかるたが出来なくなるほどの存在なのに。
    太一がかるたを好きじゃなかったってのも信じたくない。
    周防さんと何かやってそうな気配あり?
    新からのメールが千早と太一を呼び戻してくれることを祈る。

    27巻で一番カッコよかったのは机くん!
    (*^▽^)/★*☆

  • 千早も太一もかるたとってないなんて、とっても寂しい。新はチームを作って、3人バラバラだ。近江神宮で再会できるように、千早も太一も、思い出してほしい。純粋にかるたが楽しいって気持ちを。周防さんが言ってた太一はかるたが好きじゃなかったって本当かな。私はそんなことないと思う。人のために、あんなにがんばれないよ、たとえ好きな人のためでも。

  • やっぱ、好きなものから一度離れてみることって大事なことですよね。
    どれだけ大切か、どれだけ必要かが身に染みてわかる作業だと思う。
    そして、深作先生の言葉一つ一つが深い!!

    千早と太一がどうなるのか、新がどう動くか、続きが気になりすぎる!

  • やっとチームとしての新の時間が動き出したな。
    千早と太一の時間が止まってしまったけど、待ったり待たれたり、お互いに何かを伝える関係がいよいよ際立ってきたなあ。

  • 机くんがかっこよかった。「僕の月も太陽もかなちゃんだからがんばれるよ」

  • まさかの周防×太一!?

  • こんなにも必死な青春。素敵だなあ。
    どんなにどうしようもない時でも、周りの誰かが、切っ掛けの糸を引いてくれる。それも素敵。

全89件中 1 - 10件を表示

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)を本棚に「積読」で登録しているひと

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)の作品紹介

高松宮杯大会で新と対戦した太一。同じA級の土俵に立ちながらも、経験を重ねたぶんだけ知る格の違いに悔しさがこぼれる。そんな太一の笑顔を取り戻すため、千早が呼びかけた非公式大会「太一杯」。そこには、かるたを愛し、太一を支えてきた人たちの姿があった。数日後、部室で偶然千早と二人きりになった太一は、春の風が舞い込む中、千早と出会ってからの思いを打ち明ける。しかしそれは、別々の道をゆく始まりでもあった――。

太一のいない春をゆく千早たち瑞沢高校かるた部に、全国大会予選は容赦なく迫り――!?

高松宮杯大会で新と対戦した太一。同じA級の土俵に立ちながらも、経験を重ねたぶんだけ知る格の違いに悔しさがこぼれる。そんな太一の笑顔を取り戻すため、千早が呼びかけた非公式大会「太一杯」。そこには、かるたを愛し、太一を支えてきた人たちの姿があった。数日後、部室で偶然千早と二人きりになった太一は、春の風が舞い込む中、千早と出会ってからの思いを打ち明ける。しかしそれは、別々の道をゆく始まりでもあった――。

ちはやふる(27) (BE LOVE KC)のKindle版

ツイートする