太陽を堕とした男 (KCx)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 会田薫
  • 講談社 (2015年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063807974

太陽を堕とした男 (KCx)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『梅鶯繚乱—幕末長州狂騒曲—』の続編的な作品。赤根武人の視点から高杉晋作と奇兵隊、長州藩の動向と自身の刑死を見る展開。新選組の近藤勇と伊東甲子太郎が登場するが通り一遍の描き方なのが残念。

全1件中 1 - 1件を表示

会田薫の作品

太陽を堕とした男 (KCx)はこんなマンガです

太陽を堕とした男 (KCx)の作品紹介

「高杉晋作は ぼくのすべてだった」
友情と言うには重く、愛情と言うには血なまぐさい感情──。

もと奇兵隊総督・赤根武人は、長州の裏切り者として牢獄に囚われていた。
だが、敵の密偵となることを条件に、新選組の監視のもと自由を手に入れる。
すでに故郷には帰る場所もなく、残ったものはその身と命だけ。そんな武人の胸を焦がす、ある男の存在とは……?

時代に翻弄され、袂を分かった二人の男。その行き着く果てを描いた、邂逅の物語。

高杉晋作に憧れ、憎み、求め続けた男の物語。もと奇兵隊総督・赤根武人は、長州の裏切り者として牢獄に囚われていた。だが、敵の密偵となることを条件に、新選組の監視のもと自由を手に入れる。すでに故郷には帰る場所もなく、残ったものはその身と命だけ。そんな武人の胸を焦がす、ある男の存在とは……? 時代に翻弄され、袂を分かった二人の男。その行き着く果てを描いた、邂逅の物語。

太陽を堕とした男 (KCx)のKindle版

ツイートする