舟を編む 上巻 (KCx)

  • 208人登録
  • 4.18評価
    • (18)
    • (11)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 雲田はるこ
制作 : 三浦 しをん 
  • 講談社 (2017年7月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063809329

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

舟を編む 上巻 (KCx)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作既読。映画も良かった。雲田さんのコミカライズじゃ平積みスルーできないよ。原作に忠実かつ想像力豊かにやってのける雲田さんに脱帽。

  • 原作が大好きで購入。期待以上にとても素晴らしかった!原作そのままのイメージで、絵もとても綺麗。アニメはまだ観てないので是非観たいと思った。

  •  原作も、アニメもとても良かった。
    大好きな話なので、マンガも買った。

     アニメのキャラクターデザイン原案が雲田はるこ氏だったので、マンガもアニメで観たキャラがそのままという感じで違和感なく読めるし、マンガはアニメよりもさらに雰囲気がくだけたような感じで、展開も早く、マンガの持ち味が活かせている。下巻の展開も楽しみ。

  • 大好きな小説を、大好きな漫画家さんがコミカライズするというご褒美。あぁ神様ありがとう。雲田先生が描く男性はとにかく色っぽい、線がエロい。馬締くんの猫背ライン、ごちそうさまでした。西岡のシャワーシーン、ごちそうさまでした。香具矢さんと思いが通じる夜の描写は本当にうひょっぐ&心底ムハッ。下巻は泣けるシーンが待ってるから心してかからないと。

  • 原作既読。いいわあ。早く下巻が読みたい。

  • 原作が素敵で、いかす作家さんによる漫画化で、質が低かろうはずがないですね。面白かったです。原作の細かいところまでは覚えてないけど、これ単体でも十分に楽しめるような内容でした。漫画派の人も、これを読んで”是非原作を!”って感じになると良いですね。

  • 話題になった?映画は観ていたので・・・。

  • 原作も
    雲田はるこさんも
    大好きなので 期待大で購入!
    期待以上でした。

    個人的感想ですが
    登場人物が 映画よりもアニメよりも
    セクシーで魅力的!
    とくに かぐやさん
    美しすぎて ドキドキしました。
    後篇 待ちどおしい!

  • 原作既読。原作の雰囲気が出ている良コミカライズ。西岡の馬締に対する思いがうまく描かれている。本当に見れば見る程、辞書向けな人材だな、馬締。かぐやさん男前。上下巻のみらしく、勿体無い。

  • 好きな本を好きな漫画家がコミカライズするって嬉しいなぁ。大好きな素材をどう料理されるのか、それが楽しい。

    本書の装丁も嬉しい。カバーをめくってみないとわからないけど。こういう心意気って佳いなぁ。編集者さんの気合が入っています。

全11件中 1 - 10件を表示

舟を編む 上巻 (KCx)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

舟を編む 上巻 (KCx)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

舟を編む 上巻 (KCx)を本棚に「積読」で登録しているひと

舟を編む 上巻 (KCx)の作品紹介

玄武書房・第一営業部に勤める馬締光也は、言葉に対する鋭い感覚を買われ、辞書編集部に迎え入れられる。
新しい辞書『大渡海』の完成を目指し、言葉という絆でつながった人々とともに、馬締は辞書の世界へ没頭してゆく――。
本屋大賞受賞の大ベストセラー小説、待望のコミカライズ!

玄武書房・第一営業部に勤める馬締光也は、言葉に対する鋭い感覚を買われ、辞書編集部に迎え入れられる。新しい辞書『大渡海』の完成を目指し、言葉という絆でつながった人々とともに、馬締は辞書の世界へ没頭してゆく――。本屋大賞受賞の大ベストセラー小説、待望のコミカライズ!

ツイートする