遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)

  • 14人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 :
制作 : しきみ 
  • 講談社 (2015年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063814545

遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妹+妖怪の話。
    ヒロインとの絡みが薄いんでいまいちおもんなかったな。
    あと、文と絵が合ってなさ過ぎやろ。

全1件中 1 - 1件を表示

遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)のその他の作品

幹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)を本棚に登録しているひと

遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

遠野誉の妖怪騒動記1 (講談社ラノベ文庫)の作品紹介

一人暮らしだったはずの遠野誉に突然妹が、しかも三人も。特に小春は兄妹に対しておかしな認識を持ち、一日中誉にベッタリ。その光景に違和感を持つ者はおらず、オタク上級者の先輩は「ギャルゲー設定に目覚めたか!」と盛り上がる始末。困惑する誉の前にやっと現れてくれた理解者は幼馴染みの御玉だった。彼女が陰陽師であったことも初耳の誉だが、更に妹たちは妖怪だと知らされる。妹を演じる妖怪娘たちの目的を問うと、彼女らを誉のもとに送り込んだ者が存在した。誉の周囲で妖しい陰謀が渦巻き、穏やかだった日常一変してしまう…。

ツイートする