センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)

  • 137人登録
  • 4.00評価
    • (13)
    • (14)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 宮下英樹
  • 講談社 (2012年10月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063822236

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 合戦の勝利を重ねる織田信長は、ついに武田勝頼の本拠である甲斐国への侵攻を宣言した!!急速に巨大化する織田家は、もはや誰にも止められないのか……。長篠の激戦より六年半の時を経て、織田・武田の決戦が始まる!!(Amazon紹介より)

    センゴクシリーズ、織田家の躍進が著しい天正編、堂々の完結!

  • 2017/9/12~20京・奈・名・神・阪、関西の旅に入手した物!

  • 本作、へうげもの、信長協奏曲など、最近の作品でこの時代を描いた良作が多い。
    勉強になり、視点が変わり、発想に驚く、なんとも贅沢な楽しみ方である。

  • 武田VS織田の最終局面が描かれる「天正記」の最終巻。天正10年に新府城に本拠を改めた武田勝頼は、ここから織田信長との戦いを継続するが、武田家はすでに内部崩壊を始めていた…。

    武田の最後がリアルに描かれています。最後には光秀の意味深なセリフも…。続きは「一統記」に引き継いでいます。

  • 作者も書いているように、一人の武将の力というより、それより大きな政治力の強さを感じます。激動の時代なのだなぁと。勝頼も、決して凡将ではなかったのね。

  • 「さらばだ 同朋よ」武田勝頼の最後に涙・・・。

    この”天正記”をもってセンゴク買うのは止めようと思ってたんだが
    同時に続編”一統記”も出てたんでついつい・・・。

  • 何故三部作に分割したのか、その作者の考えがこの第二部完結巻である天正記15巻あとがきに述べられているのだけれど、実はそれがまさにこの作品を読み始めて以来疑問に感じていた事への回答になっていて「あぁ…やっぱりか。」と膝を打った次第。
    三部作は時代も登場人物も間断なく繋がっているけれども、敢えて区切ったのは描き方の切り口を変えるためとのこと。
    なるほど、確かにこれは意味のある、そして実験的な手法だなと感心しました。
    尤も、その切り口の違いが自己満足に終わり、読者に伝わってなければ無意味なわけですが、それがはっきりわかるレベルの差があり、その差が疑問に感じていた事であります。

    あれ?この作品って初期はもっと破天荒で、戦国版蒼天航路だと思ってたのに天正記になってから妙に高尚に考証になってない?

    そう思わせるのも狙い通りだったのか!

    というわけでシリーズ感想というか、あとがきに対する感想になってしまいましたが、この巻自体は前巻のドラマチックな「鳥取飢え殺し」と打って変わって武田家が有耶無耶に崩壊していった様を淡々と描きつつ、そこに戦国大名という概念についての作者の持論を投影させる実に地味な幕切れでした。

    これから幕を開ける最終部、センゴク一統編はまた描き方を変えるようだし、連載当初から散々タタキで煽ってきた「戦国史上最も失敗をして挽回した男」のクライマックスエピソードも控えていることで、これまた楽しみですな。

  • 取りまくすべての摘み取懊悩をこの身に請け負い天を恨まず人を咎めず沈むことこそが大名職の全うと捉える

    武田大膳大夫勝頼 討死

    (´;ω;`)


    翻弄されつつも自分の有り様を全うした四郎勝頼、センゴクの登場人物の中でも好きな一人です。

  • なぜか最終巻だけ読みました。
    最終巻かと思ったら、第2部完でした。

    よく分からない……。

  • 武田家の崩壊。 長篠の戦いからすぐに武田滅亡のような気がしていたが、実は6年もの猶予がありすぐに衰弱した訳じゃ無かった。

全13件中 1 - 10件を表示

宮下英樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)に関連するまとめ

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

センゴク天正記(15)<完> (ヤンマガKCスペシャル)のKindle版

ツイートする