僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)

  • 78人登録
  • 3.79評価
    • (9)
    • (5)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 荒木光
制作 : 金城 宗幸 
  • 講談社 (2016年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063827668

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なかなかおもしろい。普通に暮らすって意外と難しい。今の私は幸せですね。

  • 2016.12/13 読了

  • 矢波高ゲスい。
    連子と市橋が手を組んでトビオを探し始めたけれど、連子いい子すぎて好きになるのがわかる。
    マルが今度は伊佐美からお金を奪う計画をたてたり、パイセンが釈放されたり、続きも楽しみ。

  • キャラはクズしか出てこないし、
    どいつもこいつも一瞬反省したりはするけどすぐさまクズに戻るのが面白い。
    実際そんなに急に人は変わらんしなぁ。
    ある意味すごくリアル。

  • 意外な逆転からの、がいろいろ楽しみな回だった

全5件中 1 - 5件を表示

荒木光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)はこんなマンガです

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に「積読」で登録しているひと

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)の作品紹介

過失殺人を犯した若人たちの青春迷走録。軽い悪戯心から、たくさんの死傷者を出してしまった矢波高爆破事件。容疑者としてパイセンが逮捕されたことで、トビオたちはそれぞれの逃亡生活に放り込まれることになりました。そんな中、全ての前提を覆す、パイセンそっくりの「真犯人」が出頭してきて‥‥。既刊続々重版! 各界著名人も大注目! 七転八倒、暗中模索、有為転変の第4巻!!

僕たちがやりました(4) (ヤンマガKCスペシャル)のKindle版

ツイートする