BLOODY MONDAY(8) (講談社コミックス)

  • 390人登録
  • 3.72評価
    • (23)
    • (23)
    • (47)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 恵広史
制作 : 龍門 諒 
  • 講談社 (2008年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063840698

BLOODY MONDAY(8) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年9月5日

    COVER DESIGN/下山隆(RedRooster)

  • 頭を狙え!

  • 土壇場で作戦指揮を高校生に丸投げするプロ集団。まったくサードアイの人たちはどこまで堕ちれば気が済むんですかね?( ´艸`)"プークスクス"
    てかこのマンガ、少年漫画の癖にヒロイン不在とか…。
    主人公の親父に惚れてるヒロインなんて、親父か本人どっちか殺すしかないんじゃね?
    それにしても英くん、かわいそす。
    この手のキャラはセオリーどおりなら見苦しく取り乱してから滑稽に死ぬのがお約束なのに、なんつーか、地味なキャラが地味なまま死んで行くところに哀愁を感じたわー。(´・ω・`)
    この巻は英くんが予想外の言動を取ってくれたおかげで、良い意味で印象の強い巻になった。(^^)
    それにしても、竜之介はダメ親父だなぁ。徹頭徹尾、足手まといにしかなってないんじゃね?
    無闇に動き回って、無駄に混乱させた挙句に、足手まといにしかならないという…。このマンガ、ろくな大人が出てこない。(; ´∀`)

  • 音弥は何者なんだー!!
    藤丸がジャックを使ってテロリストを制圧したのが格好良かった。

  • 日本で起きたロシア諜報員の殺害事件。その裏には、ある組織が企てるウイルスによるテロ計画「ブラッディ・マンデイ」の存在が‥‥。スーパーハッカー・高木藤丸は、父である竜之介が属する公安調査庁からの依頼で事件解明に乗り出す。だがそこには藤丸自身にも関係する、想像を超える大いなる陰謀が潜んでいた‥‥!!

    藤丸たちが、外部との連絡を絶たれ、閉じ込められている弥代学院。一夜が明け、藤丸が通信機能を回復するも、なんと英が『BLOODY-X』を発症! テロリストの策略により、九条大臣もが感染させられた!! 目的は抗ウィルス剤と引き換えに、神島紫門を釈放させること! 取引期限までに弥代学院制圧ができるのか!?

  • 無能は悪

    見所:拘置所での心理戦

  • あたしも教祖になってみたい。

  • 読了。

  • 裏切り者は誰だ!?と常に考えながら読んでしまう。
    おもしろいけど疲れます(笑)

  • もう展開が全然読めないよww
    ヒデがああああああ

全11件中 1 - 10件を表示

BLOODY MONDAY(8) (講談社コミックス)のその他の作品

恵広史の作品

BLOODY MONDAY(8) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

BLOODY MONDAY(8) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする