進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

  • 8217人登録
  • 3.99評価
    • (876)
    • (1048)
    • (641)
    • (93)
    • (28)
  • 724レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2010年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063842760

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)の感想・レビュー・書評

  • こ、これは予想外の展開が多すぎる。
    主人公だから、仲間だから、関係ない。
    物語を盛り上げるための尊い犠牲なんかじゃない。
    展開される世界観の中での現実を容赦なくぶつけてくる。

    おもしろすぎる。

    絵が下手すぎるという指摘はわかる。
    それを意識の外にする物語が展開されている。

    しかしアニメ版の方がより丁寧に、圧倒的に展開されている。
    やっぱりアニメが終わってから全巻読み始めよう。

  • 漫画好きの友人にすすめられての青年ファンタジーバトル漫画。アニメシリーズが魅力的で構成が小林靖子さんで、リヴァイさんが神谷だとかいろいろと知ってがぜん興味がわいたので読んでいます。グロテスクな戦闘シーンもあるけれど、キャラクター重視でも充分読めてしまう。面白いです。アニメシリーズは神だったよ。

  • 好きか嫌いかと言われれば嫌い。
    おもしろいかおもしろくないかと言われればおもしろい。
    絵が上手なわけではないけど、たしかに「このマンガはすごい」。
    色々すごいけどまずこの作品全体から放たれる存在感というか威圧感がすごい。

    話は怖すぎるしシビア。容赦ない。
    怖すぎてもう、ちゃんと巨人をやっつけてくれる最後まで見るか この話を完全に忘れるかしないと済まない。
    なにせ展開が読めないから先が想像できない。だから脳内で平和的解決ができない。
    もしかしたら、このマンガを嫌いって思うのは、敵キャラ「巨人」に対する嫌悪感が大きすぎてそう思えるのかもしれない。

    夢に見ませんように。

  • 普段、マンガはほとんど読まないんだけど(好きだけど自分で探したりしない)、この作品は妹に何度も進められて、しょうがなく読みだした…のが、全ての始まり。
    気づいたら10巻まで一気読みした上、アニメも毎週視聴している昨今。

    最初は絵が上手じゃないしキャラの描き分けも分かんないしグロそうだし…って思っていたけど、今やそんなの全く気にならない。
    どうしようもなく絶望的で、苦しいし気分悪いのに、それでもとにかく続きが気になって気になって…完全にこの世界観にどっぷりハマりこんでしまっている。

    確かに、普段マンガをめっちゃ読む人に取っては既視感がある設定や世界観かもしれないし、絵は下手だし(あ、言っちゃった)、でも、これが作品として気になっている人はともかく読んでみたらいいと思うのです。
    私のように、平時のツボとは全くかけ離れていても、ハマる人は少なからずいると思う。
    そして、絵が下手なのがイヤならアニメ見たらいいのでは。

    あー立体起動装置欲しいなぁ
    運動神経足りないかなぁ。。。

  • アニメがハイクオリティすぎてとりあえず1巻だけ。

    今期一番の先が楽しみなアニメ。
    でもやっぱアニメだけで十分だな。
    でも続きが気になるから読みたい気はするっ。

    すげー怖い。
    すげー辛い。
    でも気になる。
    設定がすごく面白い。
    戦い方がまたいいよなぁ。
    これから人類がどんどん強くなっていくとまた楽しそうだ。

  • アニメを観たら、気になって仕方なくて(笑)

    もう何もかもが絶望的だし、グロいし、オソロシイし、
    巨人に対する嫌悪感でいっぱいなんだけど、、、
    それでも何故か続きが気になってページを繰ってしまう^^;

    皆さんが仰っていた画力の低さについては、
    私はそれほど気になりませんでした。

    それよりも設定が素晴らしいな、と思う。
    人間を食らう巨人から身を守るため、街を高い塀でグルリと囲む。
    でも、ある日その塀が破られて……

    どうやら若い漫画家さんのようですが、
    どうやったらこんな絶望的なお話を描けるんだろうか。。。

  • 確かに面白い!しかし…。

    人間達は正体不明の敵[巨人]に追いやられ、何とか確保した土地に防壁を作り逃げ込んだ。
    巨人達の生態も大分、明かされてきて、戦う術も身につけて討伐も行えるようになってきた。
    そして、新たな巨人が現れる。
     人類はどうなるのか?
    読んでみると展開は先が気になる。急展開で驚きを見せたり、伏線も大いに忍ばせてある。

    ただ、そこまで人気が出る要素は見当たらない。どちかと言えばアウトローな作品を好む読者から好かれる内容であるし、決して王道とは言えない。帯には新しい王道と書かれているが…。



    思うにセールスの方法が絶妙だったのだろう。内容はショッキングで少しグロテスク。
     少年漫画としては珍しい。むしろ、青年誌向けでもいいくらい。
     単行本が発売される前から大々的にコマーシャルを行ってきたりなど話題が話題を呼んだのだ。そう思っています。

    非常に面白い。そこは言うことありません。下手に青年誌に載って埋もれなかった事は喜ばしいです。

  • 絵の汚さは気になるが、それも忘れてしまいそうなぐらいストーリーに引き込まれてしまった。

  • 絶望感がクセになる。
    パニック系漫画の流行を作った作品だと勝手に思い込んでる。

  • 10巻まで借りて読み始めたのだけど、最初は絶望しかなくて、しかもグロいし絵は怖いしすごい滅入ってきて、漫画読むのつらいと思ったのドラゴンヘッド以来だった(笑)
    ただ友人から、最初は暗いけどそここえたら面白くなるからと聞いてたので、2巻まで読んだところでほのぼの漫画読んで中和させてから頑張って続きを読んだ。

    友人の言ってた通り、面白くなってきた。立ち上がる度に希望をへし折られるつらさは何度もあるんだけど、人物の個性が描かれ出し、謎が明るみになったり深くなったりしてきて、純粋に楽しめるようになってた。

    笑いどころも増えたし。でも笑いとしてのわかりやすい間を設けてない事があるので、これ笑っていいの?笑うところだよね?でもこのシーンで笑い入れる?みたいな戸惑いを覚える事がある(笑)

    謎が全部解けるまで読みたい。

  • <9巻まで>以前読んだ時は冒頭で読むのを辞めてしまったのですが、アニメが始まって凄く人気が出たのでもう一度読んでみました。世界観が前例がないと思えるほど独特で、ストーリーも次の展開が予想できないので面白いです。連載当初は批判が多かったようですが、「読者に合わせて描くべきか」とネット上で問い掛け、「読者に合わせた漫画は読まない」という返事に出会ったことで連載を続けられたと聞きました。自分の意思を貫き通す作者には天晴です。

  • 〜10巻まで読了。
    初めのうちは絵が雑?バランスが悪い?と思っていたが、これくらいでとどめてくれないと、色々グロくなる気がする…
    話の芯はとてもよく考えられてる気がする。あっと驚く展開があって、更にそのスピードも早い。
    読者を飽きさせないです。
    ちょっと都合よすぎるなと思う設定も多いのですが、まぁそこは漫画ですし…一応作者さんも新人さんですし。
    この漫画が凄いに入っただけはあります!

  • 人間を食らう巨人と、巨人に抗う人間の戦いを描いた物語。
    アニメを先に観ていたのですが、5話で主人公がとんでもないことになり、続きが気になってしまって、原作も追い掛け始めました。

    ストーリーはとにかく「絶望」の一言に尽きる。
    呆気なく、本当に呆気なく、沢山の人間が巨人に食われて死んでいく。
    大切な家族も、一緒に厳しい訓練を乗り越えた仲間も、いくつもの死線を潜り抜けてきた頼れる先輩兵士も。
    そして、信じていた仲間の裏切り。
    それでも読むのをやめられないのは、単純に続きが気になるのもあるけれど、いくつもの絶望の中でもがきながら生きているキャラたちから目が離せないから、だと思う。

    ストーリーと世界観も凄く好みですが、個人的に一番面白いと思ったのは、原作者の方の「見せ方」です。
    小さなコマのさりげない台詞でとんでもないネタばらしをしていたりとか。
    展開にびっくりして最初から読み返してみると、きちんとそれを裏付ける伏線がこれまたさりげなく張られているという…。
    読者に犯人当てをさせる推理小説に通じるような巧妙さがあるように感じた。
    まだ明かされていない秘密がいくつもありそうだし。
    そしてそれらのヒントも物語のそこかしこに既にちりばめられているのかなぁ…と思うと震えます。
    今までの展開の絶望度合いからして、円満に幸せになる終わり方は絶対にしないんだろうなという気がする。つくづく震えます。
    続きがとても楽しみです。
    [1-10巻 以下続刊]

  • 内容を全く知らずにGyaoでアニメを見て、かなりショックを受けました。

    進撃の巨人1巻

    絵はアレだけど、ストーリーがかなり奇抜。
    話題になるのも無理はないかも。

  • 1〜3巻読了。
    夜中にうっかりアニメを見てしまい、これはトラウマになるんやないかというぐらいのショックを受けた。読んだら絶対後悔する…!と思ったけれど、周囲の面白かったという声に負け、3巻まで購入。
    結論、面白い。全体に絶望感・無力感が流れてるけど、その中でも生きることに食らいつこうとしている人々がいる。プラス巨人の謎。話の合間にある道具や街の構図の解説が良い。
    読んでいて爽快感はない。それでも、面白い漫画が出てきた…!という高揚感は感じられる。人の力ではどうしようもない存在に、諦めずどうやって立ち向かっていくかが惹きつける要因かなぁ。

  • アニメ、見る気なかったのに引き込まれてしまったー;

    異様に動きの滑らかな動画をさして「ぬるぬる動く」と表現するが、まさにぬるぬる動いてくれる。
    「この絵をアニメ化とか無理だろ」「グロさが際立つんじゃね?」と心配ばかりしていたが、百聞は一見にしかず。アニメーター&声優の本気が詰まった本格アニメ。
    主人公の母親に泣かされる。

    マンガで初めて読んだときは巨人の奇怪さばかりを意識して、マンガ界のゲテモノ扱いしておりました。でもアニメで改めてみると、
    巨人=災害や戦争、貧困など「人の悪意を増幅する存在」
    のように思えて、身につまされました。頭と心を使わせる作品だなあ。

  • アニメをたまたま見て、原作を読みました。
    手で目を覆いながらも、指の隙間から覗いてしまう…そんな恐怖からついつい読み進んでしまいました。
    アニメよりグロイかも?
    1巻からこんな劇的展開なのに既に10巻も出ているなんて、、、

  • 弟と一緒に追いかけてるマンガ。初めて見たとき鳥肌立った。続きが気になる。

  • とにかく、熱い・・・・!!!熱すぎる・・・・!!!

    よく、生きるか死ぬかの瀬戸際で主人公たちがのんびりしてて、「何してんだーーーー!!!」と思う事があるんですが、これにはそれがない。
    とにかく、緊迫感と迫力が半端ない。

    そして、容赦がない・・・・。

    目的に向かって戦う主人公たちには胸が熱くなる。正に王道の少年漫画。
    そして、その裏に描かれる絶望感がすごい。

    だからこそ、応援したくなる。

  • koboの、連載漫画の1巻を一冊だけ無料キャンペーンで購入。

    震えるほど面白い。

    巨人という絶対的恐怖のたて方が絶妙。

    天が迫ってくるような絶望感、息苦しさは他のまんがではなかなか味わえない。

    正体不明、意思疎通不可能、ただただ殺戮のために人間を喰らう。

    まだ1巻なので謎だらけでやがていろいろと明らかになる部分もあるのだろうが、僕の場合、謎は謎のまま、風呂敷を広げるだけ広げていいので、後は運を天に任せるような描き方をして欲しい。

    なんとなくだが、この話は描き手が物語を意識した時点でシューッと収縮してしまうような気がするから。

    まぁとにもかくにも2巻を買わねば。

  •  人が補食される世界。それでも平和を保って100年。
    再び人類が危険にさらされたところから
    話がはじまります。
     設定が秀逸だと思い、読みはじめました。

    日常が壊れるってほんとにあっけない。
    天災や事故はいつやってくるか分からないから、
    人同士はしっかりつながっていかなくちゃと思う
    今日、このごろ。

  • 11巻くらいまで。
    最初はなんてめちゃくちゃな漫画なんだと思ったけど、だんだんおれの好きな「この世界はどうなってるのか」的な漫画になってる。ただ絵がイマイチでキャラが死にすぎて定着しないのがイヤ。まさか人間が巨人だったとはな。

  • エグいことこのうえない巨人の捕食シーン、気持ち悪さが一周してリビドーすら感じてきたのなら完全に中毒です。

  • いまさらレビューしますが。

    巨人きもコワ・・・

    3巻まで読みました。
    面白くなってきた気がする(ω)

    ひとがむしゃむしゃ食べられるえぐさ、
    巨人の不気味なかお、

    それ以上にゾクゾクするのは、
    戦う相手と思っていたものと自分が同じモノだと見なされること。

    でも、買うほどでもなかったというのも正直な気持ち。

  • 最新4巻まで読了

    おもしろいです。展開もスピード感があって、あっという間に3巻まで読めちゃいました。確かに絵はちょっと粗いし線も多めで、巨人ももうちょっと描き込めればいいのかな、とは思うけれど、それを補えるほどストーリーに魅力がある。

    悩んでいるならとりあえず2巻まで読んでみてください。

    これからの展開に期待。
    次巻は必ず購入します。

全724件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)に関連するまとめ

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)のKindle版

ツイートする