進撃の巨人(3) (講談社コミックス)

  • 5179人登録
  • 3.91評価
    • (386)
    • (565)
    • (371)
    • (52)
    • (10)
  • 217レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2010年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063844108

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • エレンの巨人化についてとアルミンがメインの巻。アルミンの参謀能力が発揮された。

    感想記事
    http://utsuyama27.com/shingeki3/

  • 【特別編】リヴァイ兵士長!
    リヴァイさんがクローズアップされてる。
    つまり、
    主役級の存在ってことよね。

    心がないとか、
    クールかと思ったけど熱いところもお持ちで。

    結構好きな存在です!
    でも、
    ミカサとキャラが被ってるのでね。。。
    どうなんでしょう?

    【本編】
    第10話・左腕の行方
    エレン君が巨人の中から復活!
    タイトルにある通り、
    腕喰われて失くなってるはずなのにある!

    天敵の巨人の中から人が出て来たらそりゃ怖いですよね。
    エレンを守るのはミカサとアルミン。
    この2人がそこに居なかったらエレン死んでたな。
    エレンが怖すぎて殺そうと砲撃なう!
    でも、
    なぜか巨人化できる、
    巨人になる方法を知ってるエレンは意識して巨人化してミカサとアルミンを守る!
    砲撃を片手で受け止めちゃうほどの強力な巨人として守る!

    第11話・応える
    ミカサとエレンは逃げる算段。
    アルミンは?
    何もできなんだろうなって自己嫌悪してるところに、
    エレンとミカサはアルミンに指示を仰ぐ。
    ちゃんと3人だった!
    ちゃんと親友だった!
    アルミンが説得を試みて上手く言った感じ!?
    ピクシス指令にサンクス!

    第12話・偶像
    エレンに巨人化してもらい、
    でっかい岩を使って穴をふさぐ!
    そんな作戦が可能と交渉しピクシス指令を説得。
    からの、
    穴を塞ぐぞ大作戦なう!
    しっかし、
    上手く巨人化できずミカサに攻撃なう!

    第13話・傷
    イアンとリコの口論。
    エレンが上手くいかないから。。。
    そこにアルミンが現れてエレンを復活させようと試みる!
    で、
    3巻は終了。

    エレンは復活して穴を塞ぐことはできるのか!

    【気になった】
    そもそも巨人ってなんだ?
    って、
    言うのは解けるのかな?
    人の質量が巨人ほど大きくなってどうなるんだ?
    って、
    そういうの話にしても巨人ってなんだ?
    ファンタジー的に解決をみるのか、
    解かれずに終わるのか、
    そこら辺も気にあるね。

    21巻まで読んでるのでいろいろと分かってますが、
    リヴァイさんって死んじゃうと思ってたんですよ。
    これは生きてる感じかな?
    ミカサとアルミンも死ぬことはないと思ってましたけどね。
    エレンとアルミンとリヴァイは死ぬんじゃないかって思ってます。
    ミカサだけが生き残る!
    少なくとも、
    エレンとアルミンは短命なんでね。
    死ぬでしょう。
    リヴァイも壁の中で死にそうと思ってます。
    根拠はないんですけどね。

    この3巻で地下室に謎がある!
    と、
    出てきて21巻でやっと地下室ですよ。
    長い!
    きっと22巻でその地下室編が終わるのか?
    続くのか?
    長い!
    早く出ろ22巻!

    【特別編】リヴァイ兵士長!
    と、
    あるけどこの巻でリヴァイさんまったく活躍しない件!

  • リヴァイ兵士長登場。
    エレンが巨人となってアルミンとミカサを守るところから、ウォール・ローゼに空いた穴を巨人のエレンが塞ぐ作戦まで。

    なぜエレンが巨人になるのかはわからないが、物語の進む方向性が決まった感じがある。
    巨人の力の前には人は弱くて、虫けらみたいだ。
    ここの世界も、人間同士の心の闇は深そうだ。。

    作戦、上手くいくといいな。
    リヴァイ、かっこいい。

  • 読了。
    巨人化するエレンの穴塞ぎ作戦。
    というかなぜそんなに先を急ぐ。展開早いー。

    アルミンがいい感じの演説をしてる時も、やっぱり手の感じが変だなーとか目が散るんだよな。
    (150806)

  • 人類対巨人というより、巨人という脅威のもとでの人間たちの物語が展開される。巨人が人間食べるのは、人間がよくやる「おどり食い」みたいなもので、壁を越えてやってきた巨人は、ぶどう狩りみたいなのどかな雰囲気もある。

  • 978-4-06-384410-8 195p 2013・5・20 15刷

  • 勉強のために読み続けて3巻。
    変わらず絵には慣れないけれど、アルミンのことを応援した!
    頑張れ!

  • 甥2号の本 読了

    うーーーん
    なかなか凝ってるし心理描写もしっかりしてて面白いけど
    子供が読む類のものだろうか?

  • 信頼は勇気に繋がる。

  • 【レンタル】気になってた兵長がチラリと出てきた。一瞬。まずはエレンの謎と希望の片付け。わくわくしてきた。幼馴染3人の関係が素敵。

  • やっぱり兵長かっこいい。

    どのシーンでも誰かが叫んでいるので、読み終わったときにどっと疲れました笑

  • 個人的な印象としては、少年漫画というより青年誌系の漫画。

  • エレンは「人」か「巨人」か・・・
    地下鉄の謎がすごく気になる。

    「トロスト区」奪還作戦。
    まだ自分で制御できてないエレンが巨人になって大丈夫なのか・・・
    がんばれ人類。
    とても成功するとは思えない。

  • アルミンのターンきた!

  • エレンが化け物扱い。
    岩で穴を塞ぐ作戦。

  • “「あと15秒以内に決めてくれ
    できるか できないか オレはどっちでもお前の意見を尊重する」
    「…エレン
    どうして僕にそんな決断を託すの?」
    「お前ってやばい時ほどどの行動が正解か当てることができるだろ?
    それに頼りたいと思ったからだ」”

    Thanks to I.Y.

  • 巨人化したエレンを利用する作戦。あまりうまく行っていない様子。そしてリヴァイ兵長、初登場。

  • 考えるの止めちゃったほうが楽だもんな。

  • 「敵は巨人だけじゃない」
    人間対巨人の単純なヒーローモノじゃない、人間の弱さや酷さ、集団の難しさが描かれ始める3巻。どんどん面白くなってきました。
    絵に動きや勢いもあって、かなり充実してきた印象。
    いや、それにしてもありすぎる伏線に、わくわくがとまりません。

  • アルミンが命がけで演説をするところが迫力あって好きです。
    思いがけない展開になるので夢中で読んでしまいます。

  • 第3巻まで読み終わって「進撃の巨人」の魅力がやっと少しだけ分かってきたような気がする。

  • アニメと同じ!展開知ってるけどハラハラする~(>_<)やっぱりアルミンはすごく頼りになる。

  • ますます混迷を深める。
    面白さがわからない。

    進撃の巨人③
    諌山 創
    講談社コミックス
    ISBN978-4-06-384410-8
    429円

全217件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)に関連する談話室の質問

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(3) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする