進撃の巨人(8) (講談社コミックス)

  • 3865人登録
  • 4.07評価
    • (308)
    • (387)
    • (178)
    • (27)
    • (3)
  • 169レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2012年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063847123

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 女型の巨人の正体、そして壁に隠された秘密…

    次々と謎が明らかになるものの、また新たな謎が浮上してきます。
    ここまで先の展開が読めない漫画は初めてかもしれない!

    「仕方無いでしょ? 世界は残酷なんだから」
    ミカサの言葉があまりにも核心を突いていて、重くのしかかってくる。
    ミカサは強いな。彼女の目的はいつでもブレる事がない。
    エレンに救われた命。エレンを守るためだけに生きているんだろうなぁ。

  • まさかの女型巨人の正体。
    妙に印象に残るキャラだったからすごく説得力があった。
    そしてアルミンがめきめきと頭の回転がきく子になってる。
    サスペンス的要素が強くなってきてるから戦闘派のミカサより頭脳派のアルミンなんだね。
    そしてめっきり役立たずなエレン‥。
    この漫画、主人公がこんなんでいいのか‥って思いつつ面白いからいいんだよね。

  • 女型の巨人の正体が突然に明かされて当惑している…

  • エレンをなんとか守った調査兵団は、作戦の大きな損失により解体の憂き目を見る。
    エレンは中央に連行されることになる。
    憲兵団のアニは、調査兵団の護衛を命じられるが、そこにアルミンが登場。
    アニに、エレンの逃亡を手伝ってもらうように依頼。アニはそれに同意する。
    しかし、それはアルミン発案・エルヴィン団長公認の女型の巨人・アニ捕獲作戦だった。
    地下に誘い込むエレンたちだったが、アニは同行を拒否。調査兵団がアニの巨人化を防ぐために捕縛に向かうが、作戦をうすうす感じとっていたアニがはめていた指輪に仕込んだ針によって自傷。巨人化する。
    壁の中でのエレン対女型の巨人の戦いが始まる。

    この対決は壁外への逃亡を図る女型の巨人をミカサが転落させ、決着する。
    しかし、アニ本人は硬化した水晶の中に入ったままであり、誰も手を出すことができなかった。
    アニへの事情聴取ができない中、あらたな事実が発覚する。女型の巨人が一部破壊した壁の中に、巨人がいたのだ。
    壁がそもそも何なのか知識を持ち合わせない彼らだったが、教団はどうやらこれを知っていたようだ。

    さらに、巨人が壁を超えて侵入していることが発覚し、時間へ続く。次は12月発売予定。

  • 2012 8/22読了。WonderGooで購入。
    「女型の巨人」の正体、そして巨大な「壁」の秘密の一端も明らかになる巻。
    「壁」の中に・・・?! マジでか・・・正直失速一方かと思ってたがこれは面白い・・・。
    あと嘘次回予告はいつも面白い。

  • うん、相変わらずエッジの効いたストーリー展開と人間へのシニシズム。大好きです、この漫画。

  • アルミンがすごい。

  • うーむむむむむ……いや面白い、面白いんだけど、話進まねぇなぁ……

    衝撃の1巻からとうとう8巻にまできた。毎巻毎巻わりと面白いし楽しく読ませてもらってるんだけど、いかんせん物語の進行がおっそい。いや確かに少しずつ進んではいるんだけど、それでもこの物語におけるいくつもの謎は今のところほとんど明かされていない。結局アニは何者で何が目的だったのか。壁の中の巨人は。そもそも巨人とはなんなのか。

    謎に継ぐ謎で物語の全容が中々見えてこない。それでも毎回の引きが結構なもので先が気になってしまうのよねぇ。

    次巻は12月かぁ……

  • 第31話・微笑み
    一方、
    憲兵団の入った「アニ」ですけど、
    それなりに上手くやってる様子。
    しかし、
    マルロってめんどくさいやつですよね。。。
    どうしても、
    「ヒッチ」が「ビッチ」と聞き間違う。。。
    と、
    そこに「アルミン」が登場し「エレン」引き渡しの際に、
    「エレン」を逃がすのを手伝ってくれないかって勧誘する。
    上手く勧誘できたんですが、
    なにやら指輪を装備する「アニ」が気になる。
    で、
    「エレン」「ミカサ」「アルミン」「アニ」で逃亡なう!
    つか、
    逃亡が罠でした。
    「アニ」をはめた罠でした!
    つか、
    女型の巨人は「アニ」でした!
    さっき装備した指輪に張りが仕込んであって傷つけて巨人化!
    女型の巨人現れる!
    つか、
    「あの時」っていつも「過去」を悔やんでも考えても、
    「過去」は変えられないんです。

    第32話・慈悲
    巨人になって「エレン」を追いかける!
    迎撃したい「エレン」ですが、巨人になれない!
    「アニ」を敵と思いたくないって甘いやつだな「エレン」わ!
    と、
    「ミカサ」の檄が飛ぶ!

    覚醒した「アルミン」の進言で「アニ」を捕まえる方向になったんですね。
    しかも、
    賭けに近い戦略で!
    命を賭けたのは「アルミン」と「ミカサ」なんですよね。
    主人公はいつまでシンジ君なんでしょう?
    世界が残酷と言葉をいただき、
    逃げちゃダメだの心で巨人化する「エレン」の一撃が「アニ」を吹っ飛ばす!

    第33話・壁
    ウール教っていう宗教があります!
    壁を信仰してるのな。
    壁があるから巨人から身を守れるので信仰しているのですが、
    その教団に「アニ」が降ってくる!
    宗教ってなんだって瞬間ですな。
    「アニ女型の巨人」vs「エレン巨人」ですが、
    キーポイントは「ミカサ」でした。
    「ミカサ」がズバッと斬ってくださったから「エレン」が仕留められた感じですな。
    「アニ」はクリスタルっぽいものの中に封印されてでてきたし、
    「アニ」が壊した壁の中を「ミカサ」が見てびっくり!
    そこには、
    巨人がいたんです!!

    第34話・戦士は踊る
    「アニ」クリスタル化!
    「エレン」は人間化!
    「ハンジ」さんも壁の中に巨人がいるのを見ちゃった!
    で、
    ウォール教の「ニック」司祭が巨人に日光を当てるな!
    と、
    警告なう!
    で、
    「ハンジ」が「ニック」に尋問!
    答えない「ニック」に信仰心って。。。
    そして、
    ウォールローゼが突破され、
    窮地に立たされた他の104期の調査兵団の運命はいかに!
    って、
    ところで8巻は終了。

    壁の中の巨人って復活するんでしょうか?
    ラピュタの巨神兵を連想しちゃいますね。

  • 女型の正体が判明。まさかの…。
    壁の中に巨人がいたのも衝撃的。

    感想記事
    http://utsuyama27.com/shingeki8/

  • ボロボロになった調査兵団は死んでいませんでした。団長やアルミンは力云々ではなく頭で、意志で戦います。一発逆転の策とは女型の巨人を捕獲すること、前の戦いで正体が特定されたことによる策です。
    エレンは迷いながらかつての仲間を殺す決意をします。しびれる場面が多い素晴らしい巻です。

  • 978-4-06-384712-3 187p 2013・6・10 9刷

  • エレン王都送還からアニが拘束されるまで。

    読めば読むほどアニが怖くなっていく。
    アルミンの考察的中。
    女型巨人の正体も決着。

    そして壁の中に巨人。
    もう謎は深まるばかりで何がなんだかわからん。。
    ミカサが強いのだけはよくわかった。

  • 壁の中から、巨人こんにちわ。

    壁の作成方法などはかなりの謎でしたが、これなら瞬間でつくることも可能なのかもしれない

  • カオスになってきて良い感じ。

  • 【レンタル】ん? 展開がよくわからない。分隊長と兵長の出番をもっと‼︎ 毎回一瞬で寂しい。まだまだ謎ばかりなので、まだまだ気になる。

  • アニメだとここまで。
    ミカサとハンジがぞくぞくするほどかっこいいよー!

  • 女型捕獲作戦。
    なんか、実写映画化されるらしいという話も聞こえてくる今日この頃。

    うーん、実写よりはアニメの続きが見たいかな。

    立体機動をどう表現するかが問題ですね。

  • 女型の巨人の正体がまさかのアニ・・・!?

    その経緯や目的は謎のままだけど、市街地での巨人同士の戦いは迫力あった。

    さらに、壁の中の巨人・・・謎ばかりが増える。

  • 個人的な印象としては、少年漫画というより青年誌系の漫画。

  • “「アニ…俺が間違っていた…
    今さら俺を許してくれとは言わない
    けど…一つだけ……一つだけでいい
    頼みがある…
    この世のすべてを敵に回したっていい
    この世のすべてからお前が恨まれることになっても…
    父さんだけはお前の味方だ
    …だから 約束してくれ 帰ってくるって…」”

    Thank to I.Y.

  • アルミン、エレンとジャンを悪人面って…。ミカサの表情が怖かった。巨人化エレンとミカサが連係して戦う場面が好き。壁の中に大型巨人が…!アルミン体育座りかわいい。サシャの聴力恐ろしい。また新たな展開になってきた!嘘予告面白かった。

  • アニが女型の巨人だった、という真相。そして壁は巨人によって作られていたことがわかる。巨人の壁で巨人から人類が守られてるとか。今回は色々と激動。人間の中にもそれぞれの思惑があることがわかり、単純な人間vs巨人というより少し深い話になってきたかも

全169件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(8) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする