進撃の巨人(9) (講談社コミックス)

  • 3726人登録
  • 4.04評価
    • (284)
    • (353)
    • (200)
    • (20)
    • (3)
  • 156レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063847765

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

  • この漫画に限らず様々な作品に登場するキャラクターの名前を覚えられない問題が勃発している。

  • 今回はもうヴィーナスの誕生みたいなポーズキメてる巨人にしか興味が行かなくなった。

    ギャグなのか?ギャグでやってるのか?!
    巨人にもユーモアを理解する心があるの??

    稚拙な画力と合間って、何を考えてるかわからない、理解し合えないってのが巨人の不気味さと恐怖の理由としてあると思うのだけど、「もしかして意思疎通できるんじゃ?」って思った途端にその不気味さがちょっと後退するんですよね。不気味は不気味だけどそこに愛嬌とかユーモアを感じ取ってしまう。

    今回はそんな「もしかして?」がいろいろあって今後の展開が楽しみなところ。

  • ミケはリヴァイに継ぐ実力者でありながら、意外と簡単に殺されてしまった。最後に巨人に食べられる際、彼は恐怖を顕にして断末魔を上げるのだが、そのシーンは彼が今までクールな変態で人間味が隠れていただけに、そのギャップが激しく、今までのシリーズ通して一番恐ろしい捕食シーンになっていると思う。こんな死に方はしたくないと心底思った。
    サシャの過去は非常に示唆的だった。このシリーズが現実世界のメタファーであることを露骨に表している象徴的な場面のように感じられた。これまで食い意地の張ったキャラクターでしかなく奇人的でありながらじゃっかんキャラが弱いように思えたサシャも、バックグラウンドが明らかになることでほんとに奥行きが出てきた。104期生それぞれがこの物語で重要な役割を持っているようだが、誰がいつ死んでもおかしくないこの緊迫感がたまらない。
    しかも新たな奇行種が登場したり、コニーの故郷の巨人が母親を取り込んだ?母親が巨人化した?りして、ますます巨人の謎が深まった。
    今一番ページを捲るのがもったいない漫画。

  • 名前不詳だった彼女の名前が判明したり、サシャが格好よかったり、表紙の獣の毛に覆われた新しいタイプの巨人が登場するなど、終始目まぐるしかった。
    面白いというよりむしろ、謎が謎を呼ぶから続きが気になって仕方ない方が大きい。コニーの故郷の村にいた巨人と、巨人達が壊した村に血も死体もないというのも気になる。どういうことなの。もしかして考えてることが当たる?そして、じわじわと104期の個々のメンバーの内面が。
    嘘予告のミカサのプロフィールになんだか和んだ。
    リヴァイ兵長の出番少なくて残念。

  • こっちも秘密の核心に近づいてきました。いやいや、気持ち悪くてはらはらします、、、もちろんほめてます

  • 謎ばかり増えてて、ちゃんと全部が解決するのかが心配でならない。
    獣の巨人、ユミルとクリスタ、人間の巨人化(?)・・・
    「知ることができる」というのはユミルかクリスタだけが読める文字で謎の答えが書かれているのだと予想。

    けど今巻おもしろかった。いろんなキャラクターのエピソードが見れた。特にミケ分隊長の死に様。勇気を奮い立たせて決死の覚悟を決めても、一瞬で食いちぎられる様が絶望的すぎる。

    サシャの「走らんかい!!」も震えた。前からわかってはいたけど作者はサシャお気に入りだな。しかしライアーまじでいいやつ。

  • 第35話・獣の巨人
    「エレン」「ミカサ」「アルミン」「ジャン」が、
    女型の巨人こと「アニ」をとらえたその頃、
    「サシャ」「コニー」「クリスタ」「ユミル」「ベルトルト」「ライナー」たちは、
    獣の巨人に目をつけられていた?
    事実上のウォールローゼ突破されちゃった!
    「ナナバ」さん?が「ミケ」と話している、
    「人は戦うことを止めた時初めて敗北する
    戦い続ける限りはまだ負けていない」byミケ
    ミケさんって、
    ちょっと変人っぽいけどかっこいいところもある!

    北の森は「サシャ」の故郷付近
    南の村は「コニー」の故郷付近
    「コニー」に、
    ついてく「ライナー」と「ベルトルト」はねぇ。。。
    で、
    襲ってくる巨人を引き付けたのは「ミケ」なんですが、
    馬を投げてきた獣の巨人につかまる!
    つか、
    獣の巨人が巨人を操ってる?!
    で、
    言葉の話せる!
    がんばる「ミケ」ですが、最後かっこ悪いなぁ。。。

    第36話・ただいま
    「サシャ」ってオカン似?
    オトンとは似てないね。
    で、
    食べられてる人を横目に、
    その食べられてる人の子供を救う「サシャ」ですが、
    いかんせん、
    装備が弱すぎてどうにもならない。。。
    この話から、
    「サシャ」が弓矢を使うキャラになったよね。
    で、
    子供を救い、
    オトンと再会する「サシャ」
    ちょっといい話しっぽくないこれ?

    第37話・南西へ
    「エレン」「ミカサ」「アルミン」「ハンジ」「リヴァイ」「ニック」は、
    エルミハ区へと向かう。
    つか、
    女型の巨人がきっかけで、
    巨人の硬質化っていう現象があることを発見、
    上手くいけば、
    「エレン」の巨人で壁にできた穴を塞げるかも?!
    と、
    「アルミン」の夜間決行の案を採用すれば、
    案外、
    簡単にウォールマリア奪還なる?
    で、
    「ニック」が語る壁の秘密を握る人物は、
    「ユミル」と一緒にいる「クリスタ」ですか!
    つか、
    104期ってメンバー濃すぎるね!

    コニーに似た巨人が現れる!
    つか、
    「コニー」も巨人なんですか笑

    第38話・ウトガルド城
    故郷を失ってなく「コニー」
    つか、
    死体がない!
    なんでだ?!
    全員喰われた?
    血の一滴もこぼさずに上品な巨人もいたもんだ!
    上品種ですかね笑
    で、
    コニーに似た巨人がしゃべった?
    「おかえり」ですか?
    ん?
    「コニー」も巨人の血を引くのか!?

    一方、
    壁に開いてる穴を探してる人達は、
    穴を見つけられない。。。
    なんで?
    どうやって巨人は壁の中に入ってきたんだ!?
    地中を掘ってきたのか!?
    飛べるのか!?
    すり抜けるのか!?
    モグラ巨人?
    ドラゴン巨人?
    忍者巨人?
    どういうことだ!?
    で、
    とりあえず休憩のためにおんぼろな城で休憩なう!
    と、
    「ユミル」が「ライナー」に読めない文字を読んでる?
    ん?
    壁の中の言語ってどうなってるのかわからんが、
    みなさん同じ言葉を話してるんじゃないのか?
    ん?
    で、
    城に巨人が現れる!
    そう、
    獣の巨人が連れてきたみたいね!
    少ない戦力で迎撃なう!
    って、
    ところで9巻は終わって10巻へ続く!

  • 獣の巨人は何者?
    そしてコニーの村はどういう事?
    謎が謎を呼ぶ巻 

    感想記事
    http://utsuyama27.com/shingeki9/

  • 巨人たちに新たな動きが。獣のような巨人率いる巨人たちにミケさんがやられてしまいます。カッコ良かったのに悲しすぎるよミケさん。104期の同期たちに次々とスポットが当たっていきます。もしかしてみんな巨人?

  • 978-4-06-384591-4 187p 2013・6・3 7刷

  • ウォール・ローゼに巨人侵入から壁に穴が見つからなかった事実発見まで。

    猿型の巨人、キモいし強い。
    誰や。。。。
    サシャ、クリスタ、ユミル、コニーの過去や故郷はどう関係してくるのか。
    コニーの家の巨人は、コニーの母なのか?

    謎しか出てこないし、
    巨人暴れ放題だし、
    どうやって収拾つけるんだろう。。。

    壁の秘密、知りたいな。

  • 巨人がいきなり、内部に侵入。
    コニーのお母さんぽい巨人といい。1つの村人全員巨人になった感じにみえる。

  • なんか変だなー、今ひとつだなー

  • 【レンタル】時軸の次は視点が迷子で理解することを放棄した|( ̄3 ̄)| でも巨人が進化してて人類がかなりヤバい状況に置かれてるのはハラハラドキドキ。訳がわからないなりに楽しんでいる。

  • こっから、先は、まったく知らない展開です。
    しゃべる猿の様な巨人が出てきたり、どうやら、普通の人も巨人に変化しているみたいだったり、神父さんがなにかを知っていそうだったり。

    かなり、謎に近づいているかな?

    なかなかに、ドキドキします。

  • 巻を追うごとに、話についていけなくなってきた。キャラの見分けがつき難いのもあるかも…。

  • ウォール・ローゼに侵入してきた巨人。

    新たに登場した獣型の巨人。しかも言葉をしゃべる?

    奇行種の巨人に、人類は全然勝てる気がしない・・・

  • 個人的な印象としては、少年漫画というより青年誌系の漫画。

  • “「…それは 自分で決めるにはあまりにも大きなことだからだ
    我々にはあまりにも荷が重い…
    我々は代々強固なる契約制度を築き上げ 壁の秘密をある血族に託してきた
    我々は話せない
    だが…壁の秘密を話せる人物の名を教えることならできる…」”

    Thank to I.Y.

  • 急展開。獣の巨人不気味過ぎる。ミケさん一人で巨人5体倒すとか思った以上に強くてびっくり。サシャかっこよかった!サシャとお父さんの再会に少しほっこり。名前のついたモブくらいにしか思ってなかったあの子と、ようやく名前の判明したあの子が重要人物っぽくてびっくり。

  • ウォール・ローゼが突破される。サルの巨人出現。コニーの家を破壊した巨人は、コニーの母に似ているらしい。ユミルとクリスタの会話。夜でも動ける巨人がいたり、もう大変なことに。

  • 司教に足を蹴るリヴァイ。
    足を負傷した様には思えません。

    そしてエレンがユミルといつも居る子と言った時
    ユミルに反応したハンジとリヴァイの反応を見て、イルゼを見て
    ユミルの民、ユミル様、よくぞと言った巨人を思い出しました。
    この巨人が崇めるユミルと、クリスタがユミルと呼んでいる彼女の
    関連が気になります。

    そしてミケが死にました。
    ナナバに一喝する姿は格好良かったのに
    猿の巨人と対峙した時と最期は逆で少し、いえ、かなり衝撃でした。

  • とにかく獣の巨人の正体を知りたくなった。嘲笑の巨人の顔が面白いw

全156件中 1 - 25件を表示

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)に関連するまとめ

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(9) (講談社コミックス)のKindle版

ツイートする